本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

加藤亜記准教授の研究内容
liniru.gif

研究内容主な研究テーマ所属学協会講演・口頭発表(日本語)(英語

     CEO      CEO
藻類は水圏生態系における一次生産者として,基礎生産の役割を果たしています。とくに,海藻類は,「藻場」を形成して,食物連鎖を支 え,ほかの生物に生育場所を提供するなど,生態系を維持する上で重要な生物です。また,食材として,あるいは美容用品や医療品の原料 として人々の生活に密接に関わっていま す。平成23年にスタートした水産実験所 藻類研究チームでは,こうした海藻類について,種多様 性を中心に,教育・研究活動を行っています。

  参考:researchmap    HU-style「研究者魂」   教授に聞く 「広大人通信」

おもな研究テーマ

1.瀬戸内海の海藻類の生物多様性
     CEO

海藻は,海に生育している大型藻類の総称で,大きく分けて,緑藻類,褐藻類,紅藻類の3つのグループがあります。海藻全体の種数は,世界で約25,000種,日本では約1,500種,瀬戸内海では約300?400種と言われています。広島大学の水産実験所周辺では,約160種の生育を確認できました。瀬戸内海は,古くから人に利用されてきた海ですが,まだよく分かっていない海藻もあり,調査や研究が継続されています。
また, 瀬戸内海は,漁業生産力の高さでは世界でも屈指の海域であり,藻場は水産資源を育成し,漁業生産を維持する上で重要な役割を 果たしています。 しかし,近年,その生産性を支える藻場の変化や衰退が全国的に問題になっており,瀬戸内海でも様々なモニタリング 調査が行われ, 藻場回復に向けた対策も講じられています。

  研究内容

海藻は,一般に,季節や環境条件などによって形が変わりやすいため,種の同定が難しい種が多く, 普通に見られるものの,実体はよくわからない種にしばしば遭遇します。そこで, その種の分類学的な特徴を明らかにするため, 詳細な形態観察や遺伝子データの解析を行っています。また,藻場を含む沿岸生態系の変化について把握するため,各所の海藻相の調査も始めています。

  • 瀬戸内海西部の海藻相と季節的消長
    ・広島県竹原市周辺の海藻相(加藤・城内2016藻類64:1-9
    ・広島県大崎上島周辺の海藻資源調査 など
  • 瀬戸内海西部の温帯サンゴと海藻類の混生パターンの成立と維持機構の解明
    (藤原ナチュラルヒストリー振興財団研究助成)

2.石灰藻サンゴモ類の生物多様性
     CEO

どこにでもいるサンゴモ類

紅藻サンゴモ類は,体の80-90%が炭酸カルシウムで構成される石灰藻で,その名前のとおり,刺胞動物のサンゴによく似た形の種もあります。両極域から熱帯,潮間帯下部から水深200mにも及ぶ海底にまで生育しており, いまのところ,世界で2000種ほどが報告されています。まさに海水とわずかな光さえあれば,どこにでも生育できる海藻と言えます。

  サンゴモ類の生態系の中での役割

サンゴモ類は,サンゴ礁そのものを形成する造礁生物として,また,サンゴやウニなどの海産無脊椎動物の幼生の変態・着底を誘引する生物として,さらに,藻場の遷移初期に加入し,その後も下草として存在するなど,海洋生物の生育環境を整える役割を果たしています。その一方で,藻場が長期にわたって衰退する「磯焼け」の海域に繁茂し,磯焼けの持続要因の1つとも考えられています。

  研究内容

サンゴモ類の約8割は,外形的な特徴に乏しい扁平な藻体(無節サンゴモ)であるため,分類が難しく,サンゴモ類を利用した研究は多くありません。そこで,サンゴモ類の種多様性を明かにするため,系統分類学的な研究を進めるとともに,各地の海藻相調査でのサンゴモ類の生態調査,さらに,地球温暖化の付随現象とされる海洋酸性化の影響下での生育についても研究を進めています。
  解説:
  ・加藤亜記 2017. 石灰藻サンゴモ類の多様性-生きた石になる海藻の分類と生態-. 月刊海洋号外 60: 125-132.   ・加藤亜記 2015. 海洋酸性化の指標としての石灰化海藻. 藻類 63: 15-18.

  • 環境条件が石灰藻サンゴモ類の成長に及ぼす影響
    ・藻場や磯焼け域に生育するサンゴモ類の成長・生残に及ぼす温度,光量,栄養塩の影響(科研費基盤C)
  • 環境勾配と石灰藻サンゴモ類の種多様性の関係
    ・藻場から磯焼け域への移行帯における無節サンゴモの種レベルの分布特性の解明(科研費若手B)
  • 海洋酸性化が石灰藻サンゴモ類の成長に及ぼす影響
    ・遺伝子マーカーを利用した石灰紅藻サンゴモの生育特性の解明(科研費若手B)
  • 殻状紅藻類の系統分類学的研究(とくに被覆状の紅藻類の分類)
    ・深所性石灰藻類の系統分類学的研究

所属学協会

  • 日本応用藻類学会
  • アメリカ藻類学会
  • 国際藻類学会
  • 日本サンゴ礁学会
  • 日本藻類学会

講演・口頭/ポスター発表等(日本語発表)

  • 藻場から磯焼け域における無節サンゴモの生育種と分布
    ○加藤亜記・馬場将輔・島袋寛盛・吉田吾郎・目崎拓真・中地シュウ
    日本藻類学会第41回大会(高知大学) 2017年3月23日
  • 瀬戸内海西部のニホンアワサンゴ群生地における海藻群落構造
    嶋大磯・○加藤亜記・小池一彦・藤本正明・島袋寛盛・吉田吾郎
    日本藻類学会第40回大会(日本歯科大学,東京) 2016年3月
  • 北西太平洋における石灰藻球(Rhodolith)研究
    ○加藤亜記・馬場将輔・松田伸也・井龍康文
    日本藻類学会第39回大会(福岡 2015) 2015年3月20-25日
  • 石灰藻ヒライボ(紅藻サンゴモ目)への海洋酸性化影響の水温による違い
    ○加藤亜記, 氷上愛, 金サ, 鈴木淳, 堀田公明, 林正裕, 山本雄三, 川幡穂高, 野尻幸宏
    日本藻類学会第38回大会(東邦大学) 2014年3月
  • 広島県竹原市周辺の海藻相
    ○加藤亜記・城内辰享
    日本応用藻類学会第12回大会 2013年6月8日
  • 気候変動と石灰化する海藻類 [招待有り]
    加藤亜記
    黒潮圏セミナー 高知大学大学院黒潮圏総合科学研究科 2012年12月11日
  • 広島県竹原市周辺の海藻相 [招待有り]
    ○加藤亜記・城内辰享
    藻類情報交換会,瀬戸内海ブロック水産業関係研究開発推進会議,広島市 2012年11月15日
  • 広島県竹原市周辺の海藻相(予報)
    ○城内辰享・加藤亜記
    日本藻類学会第36回大会(北海道大学) 2012年7月
  • 海洋酸性化による無節サンゴモ2種の成長阻害
    ○加藤亜記・氷上愛・鈴木淳・野尻幸宏・酒井一彦
    日本藻類学会第36回大会(北海道大学) 2012年7月
  • 南西諸島のサンゴ礁域における紅藻サンゴモ類の多様性 [招待有り]
    加藤亜記
    第11回日本応用藻類学会大会(東京海洋大学) 2012年3月
  • 石灰藻サンゴモ類の分類と生態,環境ストレスの影響について [招待有り]
    加藤亜記
    第5回バイオミネラリゼーションと石灰化-遺伝子から地球環境まで- 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会(柏キャンパス) 2011年11月
  • 沖縄県産 Gambierdiscus 属について
    ○須田彰一郎・ShahM. M. Rahman・加藤亜記・小野寺健一・津波和代・平良洋介・安元 健
    第13回マリンバイオテクノロジー学会(広島) 2010年
  • 琉球列島沿岸のNephroselmis 属種の多様性
    ○Faria, D.G・加藤亜記・Reimer, J.D.・須田彰一郎
    日本サンゴ礁学会第13回大会(つくば) 2010年
  • 酸性化海水と富栄養化がサンゴポリプの成長と褐虫藻感染に及ぼす影響
    井口 亮・○加藤亜記・中村 崇・井上麻夕里・鈴木 淳・酒井一彦
    日本サンゴ礁学会第13回大会(つくば) 2010年
  • 沖縄島沿岸から分離された Gambierdiscus 属種について
    Shah, Md. Mahfuzur Rahman・加藤 亜記・○須田 彰一郎
      日本藻類学会第34回大会(つくば) 2010年
  • 沖縄県沿岸のピコ真核植物プランクトンについて
    ○新垣 陽子・穴原 知英・加藤 亜記・須田 彰一郎
      日本藻類学会第34回大会(つくば) 2010年
  • 沖永良部島沿岸から分離した新奇ピングイオ藻綱について
    古川陽一・穴原知英・加藤亜記・○須田彰一郎
    第12回マリンバイオテクノロジー学会(東京) 2009年
  • 日本新産淡水紅藻Batrachospermum macrosporumについて
    ○須田彰一郎・森田直広・加藤亜記
    日本植物学会第72回大会(高知) 2008年
  • サンゴ礁域に多産する無節サンゴモ8種の遺伝的多様性とサンゴモ目内での系統関係
    ○加藤 亜記・馬場 将輔・須田 彰一郎
    日本藻類学会第32回大会(東京) 2008年
  • 琉球列島産無節サンゴモNeogoniolithon brassica-floridaの系統分類学的研究
    ○加藤 亜記・馬場 将輔・須田 彰一郎
    日本サンゴ礁学会第11回大会(静岡) 2008年
  • 琉球列島産無節サンゴモ(紅藻サンゴモ目)の系統分類学的研究
    ○加藤 亜記・馬場 将輔・須田 彰一郎
    日本サンゴ礁学会第10回大会(沖縄) 2007年
  • 殻状紅藻カイノカワPeyssonnelia japonicaの分類学的研究
    ○加藤 亜記・川井 浩史・増田 道夫
    日本藻類学会第30回大会(鹿児島) 2006年
  • 形態および分子系統解析に基づく野生スサビノリと養殖スサビノリの比較
    ○二羽 恭介・加藤 亜記・小檜山 篤志・川井 浩史・有賀 祐勝
      日本藻類学会第29回大会(京都)  2005年
  • 殻状紅藻イワノカワ属の日本新産種Peyssonnelia armoricaについて
    ○加藤 亜記・増田 道夫・川井 浩史
    日本藻類学会第29回大会(京都) 2005年
  • 殻状紅藻イワノカワ属の新種Peyssonnelia puncticulataについて
    ○加藤 亜記・増田 道夫
    日本植物学会第67回大会(札幌)  2003年
  • 殻状紅藻イワノカワ属の日本新産種Peyssonnelia meridionalisについて
    ○加藤 亜記・増田 道夫
      日本藻類学会第25回大会(東京) 2001年
  • 殻状紅藻フチトリベニ科Rhodophysemataceae (Palmariales)の4種の比較研究
    ○加藤 亜記・増田 道夫
    日本藻類学会第24回大会(長崎) 2000年
  • 殻状紅藻イワノカワ属の日本新産種Peyssonnelia rosenvingiiについて
    ○加藤 亜記・増田 道夫
      第46回日本植物学会北海道支部大会(北海道) 1999年

講演・口頭/ポスター発表等(英語発表)

  • Current situation of the systematic study of extant coralline red algae. [Keynote Speech] [Invited]
    *Kato, A. & Liao, L. M.
    11th International Symposium of Fossil Algae. University of the Ryukyus, Okinawa, Japan, 14-18, September, 2015.
  • Effects of Climate Change on Seaweed, Especially Calcifying Macroalgae [Invited]
    Aki Kato
    Study Meeting on “Coenocytic Green Algae as a Potential Indicator of Coastal Environmental Conditions in the Kuroshio Current Region” (2011-2013), Stone & Resource Industry R/D Center, Hualien, Taiwan 24 Nov 2013
  • Growth inhibition of two nongeniculate coralline species caused by acidified sea water
    *Aki Kato, Atsushi Suzuki, Yukihiro Nojiri, and Kazuhiko Sakai
    October 9-14, 2011, The 6th Asian Pacific Phycological Forum, The ocean resort, Yeosu, Korea Oct 2011
  • Molecular systematics and ecology of coralline algae [Invited]
    Aki Kato
    USA Bilateral Workshop on Coral Reef, Biodiversity Research Center, Academia Sinica, Taipei, March 2-3, 2011 Mar. 2011
  • *Kato, A., Nojiri,Y., Suzuki, A. & Sakai, K./ Effects of ocean acidification on crustose coralline algae
    Pre-workshop event of IPCC Workshop on ‘Impacts of ocean acidification on marine biology and ecosystems’ (Nago, Okinawa,Japan) 2011
  • *Kato, A., Baba, M. & Suda, S./ A systematic study of crustose coralline alga Neogoniolithon brassica-florida in the Ryukyu Islands, Japan
    9th International Phycological Congress (IPC 9)(Tokyo, Japan) 2009
  • *Kato, A., Baba, M. & Suda, S./ Phylogenetic relationships of crustose coralline algae in the Ryukyu Islands in the subtropical region of Japan
    The 4th Asian Pacific Phycological Forum (Algae 2005), Victoria University of Wellington (Wellington, New Zealand) 2008
  • *Kato, A., Baba, M. & Suda, S./ A systematic study of crustose coralline algae (Corallinales, Rhodophyta) in the Ryukyu Islands
    The International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea, National University of Singapore (Singapore) 2007
  • *Kato, A., Baba, M., Kawai, H. & Masuda, M./ Reassessment of the little-known crustose red algal genus Polystrata (Gigartinales) on the basis of morphology and the 18S rDNA sequences
    Algae 2005 (The 4th Asian Pacific Phycological Forum), Rama Gardens Hotel, Bangkok, Thailand, 2005
  • *Kato, A., Baba, M. & Masuda, M.
    A taxonomic study of the red alga Polystrata dura (Peyssonneliaceae).
    International symposium on Dawn of a New Natural History - Integration of Geoscience and Biodiversity studies. Hokkaido University, Mar. 2004
     

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038