本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

大塚攻教授の著書等
liniru.gif

著書 Books

     CEO      CEO CEO CEO
  • Marine Protists: Diversity and Dynamics 海洋原生生物:多様性と動態 Ohtsuka S et al. (eds), Springer, 2015,648pp.
  • 大塚 攻,海の外来生物―人間によって撹乱された地球の海,福代康夫、広海十朗、岩崎敬二、木村妙子 編集,  東海大学出版会, Pp124-134・28-29・120-121, 2009
  • 大塚 攻,節足動物の多様性と系統,岩槻邦男・馬渡峻輔 監修,石川良輔 編集,  裳華房,東京, Pp172-275, 2008
  • 大塚 攻,カイアシ類・水平進化という戦略,大塚攻著,NHK BOOKS
  • 大塚 攻,浮遊性カイアシ類とは,長澤和也編著,水中の小さな巨人:カイアシ類学入門,   東海大学出版会,東京, Pp.3-18, 2005
  • 大塚 攻, 奇怪な寄生虫?ヒメヤドリエビとその驚くべき生活史, 長澤和也編著, フィー ルドの寄生虫学, 東海大学出版会, 東京, Pp. 55-67, 2004
  • 大塚 攻, プランクトンの善玉と悪玉. 今林博道・谷口幸三・堀貫治・田中秀樹編, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版株式会社, 東京, Pp. 6-9, 2001
  • 大塚 攻, 顎脚類, 青淳一・田近謙一・森岡弘之編, 動物系統分類学, 追補版, 中山書 店, 東京, Pp. 199-206, 2000
  • 大塚 攻, 動物プランクトン相, 國井秀伸編著, 中海本庄工区の生物と自然, たたら書 房, 米子, Pp. 39-51, 1999
  • 大塚 攻, カイアシ類 (コペポーダ), 奥谷喬司・武田正倫・今福道夫編, 日本動 物大百科, 7, 無脊椎動物, 平凡社, 東京, Pp. 126-128, 130-131, 1997
  • 大塚 攻 (分担執筆), カイアシ亜綱, 千原光雄・村野正昭編, 日本産海洋プランク トン検索図説, 東海大学出版会, 東京, Pp. 649-668, 719-726, 752-774, 797-828, 862-892, 898, 913-915, 924-934, 952-953, 961, 1997
  • 大谷修司・秋山 優・遠部 卓・大塚 攻, 動植物プランクトンと着生藻類, 神西湖の 自然編集委員会編, たたら書房, 米子, Pp. 58-80, 1995
  • 上 真一・大塚 攻・遠部 卓, 潮汐フロント, 生物過程, 柳哲雄編, 潮目の科学, 恒星社 厚生閣, 東京, Pp. 78-100, 1990

総説等 General remarks

  • 大塚 攻・堀口健雄・R.M, Lopes・K.-H. Choi・岩崎敬二, バラスト水によるプランクト  ンの導入(総説), 日本プランクトン学会報, 51, 101-118, 2004
  • 大塚 攻・長澤和也・J.-s. Ho・M.J. Grygier, 日本から記載されたリムノンケア属 Limnoncaeaカイアシ類の正体-プランクトン学と寄生虫学の複合領域的研究の必要性, 日本プランクトン学会報, 51, 13-24, 2004
  • 大塚 攻, 浮遊性カイアシ類の動物地理, 月刊海洋, 号外26, 48-55, 2001
  • 大塚 攻・西田周平, 海産浮遊性カイアシ類の進化ー生殖や摂餌にどのような変化が起 こったか?ー, 月刊海洋, 号外27, 116-124, 2001
  • 大塚 攻・長澤和也・槐島光次郎, 海洋動物プランクトンの寄生生物(総説), 日本 プランクトン学会報, 47, 1-16, 2000
  • 大塚 攻, カイアシ類の進化-パターンとプロセス, 海洋と生物, 21, 463-470, 1999
  • 大塚 攻・上田拓史, 日本およびその周辺水域における浮遊性カイアシ類の動物 地理, 日本プランクトン学会報, 46, 1-20, 1999
  • 大塚 攻・Grygier, M. J.・鳥越兼治, 海底洞窟性甲殻類の系統、動物地理、生態 に ついて, タクサ, 6, 3-13, 1999
  • 大塚 攻, ヒメヤドリエビTantulocarida (Crustacea: Maxillopoda)の形態、生活環、 系統分類について, タクサ, 2, 3-12, 1997
  • 大塚 攻・西田周平, 海産浮遊性カイアシ類(甲殻類)の食性再考, 海の研究, 6, 1-22, 1997
  • 大塚 攻, カイアシ類による微小動物プランクトンの捕食, 月刊海洋, 22, 45-52, 1990

報告書等 Reports

  • 大塚 攻, 海洋動物プランクトン,特にカイアシ類の寄生生物の分類・生態に関する研究, 平 成14?16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1), 課題番号 14560151), Pp.1-105, 2005
  • 大塚 攻, 浮遊性カイアシ類群集の分布域別摂餌戦略, 平成10?12年度科学研究 費補助金(基盤研究(C)(2), 課題番号 10660180), Pp.1-198, 2001
  • 國井秀伸・高安克己・大谷修司・清家 泰・星川和夫・越川敏樹・大塚 攻・神谷 要・ 矢部 徹, 中海本庄工区の種多様性に関する調査, 第7期プロナトゥーラファンド助成 成果報告書, Pp. 23-29, 1998
  • 小川勇二郎・藤原義弘・J.C Hunt・岩瀬良一・金子浩幸・川村喜一郎・北里 洋・小 林 城・小泉金一郎・久保田信・西田周平・大塚 攻・嶋永元裕次・高帰善弘・土田真 二・土屋正史・植松勝之・山本智子・橋本 淳・瀬川爾郎, 1997年5月相模湾 「しんかい2000」潜航調査報告(概報)-第939-945潜航, 海洋科学技術センター JAMSTEC深海研究, 13, 353-373, 1997
  • 大塚 攻, デトリタス食性及び肉食性カイアシ・゙(甲殻類)の摂餌生態に関する研 究, 平成6, 7年度科学研究補助金(一般研究C、課題番号 06839019), Pp. 1-34, 1996
  • 大塚 攻, 海洋食物網における浮遊性カイアシ類のニッチェの再評価, 日産科学 振興財団研究報告書, 14, 219-226, 1991
  • 大塚 攻・遠部 卓, 大阪湾、紀伊水道における浮遊性カイアシ類の藻類に対する摂 食生態, 昭和63・64(平成元年)年度科学研究補助金(一般研究B)研究報告書(研究代表 者 上 真一, 課題番号 63480070), Pp. 35-53, 1990
     

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町・T−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038