本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

小路淳准教授の研究内容
liniru.gif

これまでの研究内容

     CEO      CEO
  • 1)内湾域(瀬・ヒ内海)における魚類幼期個体出現の季節リズム・経年変動(大学院)
  • 2)魚食性に特化したサワラの初期生態・生残戦略・資源加入機構(大学院)
  • 3)陸水流入が河口依存性魚類(スズキ類)の生残・加入変動におよぼす影響:チェサピーク湾(ポスドク)
  • 4)沿岸環境(の悪化:貧酸素化)がクラゲ類による仔魚の被食減耗におよぼす影響(ポスドク)
  • 5)内湾域における魚類の密度依存的調節機構(有明海筑後川におけるスズキ加入の長期変動:ポスドク)

現在・今後の研究テーマ

  • 1)藻場(アマモ場・ガラモ場)の生物多様性,生物生産の定量評価,生態系サービス,広域的解析,地球温暖化の影響.  瀬戸内海,全国(北海道〜沖縄)および海外(ノルウェー,ドイツ,米国,マレーシア,タイ)をフィールドとして,生物群集(魚類が中心)や生産構造を,緯度・気候区・海流システム間で比較しています.
  • 2)河口域・汽水域における環境変動と魚類生産(有明海、太田川、広島湾,チェサピーク湾)
  • 3)内湾域におけるニシン目魚類(マイワシ,コノシロ,カタクチイワシ)の種交代(瀬戸内海,バルト海キール湾)
  • 4)クラゲ類と仔稚魚の関係(食うー食われる関係、貧酸素水塊に着目して)
  • 5)その他「こんな研究してみたい」という持ち込みテーマも歓迎します.

所属学会等

  • 日本水産学会
  • 水産海洋学会
  • 水産増殖学会
  • 瀬戸内海研究会議
  • Chesapeake Indoor Soccer Team

学会発表(口頭,国際学会等)

  • 22. Jun SHOJI and Yasuhiro KAMIMURA. Co-existence of seagrass and algae beds enhances young-of-the-year rockfish Sebastes cheni production: toward a habitat conservation based on the phenology of fishery resources and vegetation. 2nd International Symposium on Integrated Coastal Zone Management, Tyholmen Hotel and Thon Hotel, Arendal, Norway, 3-7 July 2011.
  • 21. Jun SHOJI, Hikari KINOSHITA, Shun-ichi TOSHITO, Yasuhiro KAMIMURA. Is seagrass bed a safe nursery? ? nighttime predation rate, size- and growth-selective survival of rockfish juveniles and possible effects of the global warming. 35th Annual Larval Fish Conference. Coastline Conference and Event Center, Wilmington, North Carolina, USA, 22-27 May 2011.
  • 20. Jun SHOJI, Masakazu HORI, Yasuhiro KAMIMURA, Ken-ichiro MIZUNO and Shun-ichi TOSHITO. Fish production in coastal habitats under global warming: spatio-temporal variability in early growth of a dominant species, black rockfish, in seagrass beds. International Symposium on “Climate Change Effects on Fish and Fisheries: Forecasting Impacts, Assessing Ecosystem Responses, and Evaluating Management Strategies. Sendai International Center, Sendai, Japan, 26 April 2010.
  • 19. Jun SHOJI, Yuji IWAMOTO, Masaru TANAKA. Cohort-specific mortality of larvae and juveniles of an estuarine-dependent fish, Japanese seabass (Lateolabrax japonicus): A comparison between artificial and natural habitats. Workshop on understanding and quantifying mortality in pelagic, early life stages of marine organisms: experiments, observations and models (WKMOR). Inspire Conference Center, Aberdeen, Scotland, 19 March 2010.
  • 18. Jun SHOJI, Yasuhiro KAMIMURA, Ken-ichiro MIZUNO, Hikari KINOSHITA and Kie MOHRI. Ecosystem functions of vegetated areas as fish nursery in temperate waters: phenology of seagrass, macro-algae and early growth of rockfish. Coastal and Estuarine Research Federation Biannual Meeting, Oregon Convention Center, Portland, USA. 5 November 2009.
  • 17. Yasuhiro KAMIMURA, Jun SHOJI. Estimation of cohort-specific mortality of larval and juvenile black rockfish in a macro-algae habitat in the central Seto Inland Sea. . PICES Annual Meeting, 28 Oct 2009, Jeju Convention Center, Korea.
  • 16. Jun SHOJI, Yasuhiro KAMIMURA, Ken-ichiro MIZUNO and Shun-ichi TOSHITO. Fish production in seagrass habitat under global warming: effects of temperature on early growth and production of a dominant species, black rockfish, in temperate waters of the western North Pacific. PICES Annual Meeting, 28 Oct 2009, Jeju Convention Center, Korea.
  • 15. Jun SHOJI, Yasuhiro KAMIMURA, Ken-ichiro MIZUNO, and Hikari KINOSHITA. Cohort-specific mortality of black rockfish Sebastes cheni larvae and juveniles in the Seto Inland Sea: implications for conservation of seagrass and macroalgae habitats. International Council for the Exploration of the Sea (ICES) Annual Meeting, Estrel Convention Center, Berlin, Germany, 23 September 2009.
  • 14. Jun SHOJI and Akihide KASAI. Increase in moon jellyfish populations in Seto Inland Sea, Japan: possible effect on predator-prey interactions under summer hypoxia. EMECS-8 (International Meeting for Environmental Management of Enclosed Coastal Seas), Shanghai, China, 27-31 (28) October, 2008.
  • 13. Jun SHOJI and Masaru TANAKA. Recruitment of an estuarine-dependent fish, Japanese seabass Lateolabrax japonicus, in the Chikugo estuary, Japan: shift from density-independence in larval survival to density-dependence in post-recruit survival. 5th World Fisheries Congress, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, 20-24 (23) October, 2008.
  • 12. Jun SHOJI. Moon jellyfish bloom in the Seto Inland Sea, Japan: Occurrence, distribution and possible predation on fish larvae under hypoxia. 32nd Larval Fish Conference. Christian Albrechts University, Kiel, Germany, 4-7 (6) August 2008.
  • 11. Jun SHOJI. Physical and biological properties of the estuarine turbidity maximum region of the Chikugo River estuary, Japan: significance of spring bloom of Sinocalanus sinensis for early survival of an estuarine-dependent fish, Japanese sea bass. Estuarine Research Federation Biannual Meeting, 4-8, Nov. 2007, Rhode Island International Convention Center, Providence, Rhode Island, USA
  • 10. Jun Shoji, Masaru Tanaka. Density-dependence in post-recruit Japanese sea bass in the Chikugo estuary, Japan. Reproductive and recruitment process of exploited marine fish stocks. 1-3 (2). October 2007, Altis Hotel, Lisbon, Portugal.
  • 9. Jun SHOJI, Elizabeth W. NORTH, and Edward D. HOUDE. Feeding, growth, and mortality of white perch Morone americana larvae around the estuarine turbidity maximum of upper Chesapeake Bay: contrasting years. The 27th Larval Fish Conference, University of California, Santa Cruz, California, USA, 22 August 2003.
  • 8. Jun SHOJI and Masaru TANAKA: Variability in larval growth of a pisccivore, Japanese Spanish mackerel (Scomberomorus niphonius: Scombridae): implication for recruitment. 132nd Annual Meeting of the American Fisheries Society, Baltimore Convention Center, Baltimore, USA, 21 August, 2002.
  • 7. Jun SHOJI and Masaru TANAKA: Significance of prey fish for larval growth and survival of a piscivore, Japanese Spanish mackerel (Scomberomorus niphonius: Scombridae): Is the recruitment determined during the early larval period? The 26th Larval Fish Conference, Solstrand Fjord Hotel, Bergen, 23 July, 2002
  • 6. Tatsuya KAJI, Jun SHOJI, Mitsuhiro AOYAMA, and Masaru TANAKA: Highly specialized development of digestive system in piscivorous scombrid larvae. International Commemorative Symposium 70th Anniversary of the Japanese Society of Fisheries Science, Yokohama, Japan, 4 October, 2001.
  • 5. Jun SHOJI, Tsutomu MAEHARA, and Masaru TANAKA. Can recruitment success/failure in an inherent piscivore, Japanese Spanish mackerel Scomberomorus niphonius (Scombriae), support match/mismatch hopothesis? International Commemorative Symposium 70th Anniversary of the Japanese Society of Fisheries Science, Yokohama, Japan, 4 October, 2001.
  • 4. Jun SHOJI and Masaru TANAKA. Early appearance of opportunistic piscivory of Pacific mackerel Scomber japonicus larvae and its significance as a survival strategy. The 25th Larval Fish Conference, The National Marine Fisheries Service's (NMFS) Howard Laboratory, New Jersey, USA, 12 August, 2001.
  • 3. Jun SHOJI and Masaru TANAKA. What does induce early selection for fast growth during post-first-feeding stage in completely piscivorous larvae of Japanese Spanish mackerel, Scomberomorus niphonius (Scombridae)? The 24th Larval Fish Conference, Gulf State Park Convention Center, Alabama, USA, 10 November, 2000.
  • 2. Jun SHOJI, Hiroshi FUJIMOTO, Akio IWAMOTO, Tsutomu MAEHARA, and Masaru TANAKA. How to manage culture of a completely piscivorous and voracious larvae, Japanese Spanish mackerel: experimental estimation of daily food consumption. The 28th U.S.-Japan National Resources Aquaculture Panel Meeting, Prince Kuhio Hotel, Hawaii, USA, 11 November 1999.
  • 1. Jun SHOJI, Tsutomu MAEHARA, and Masaru TANAKA. Unique ecological traits, piscivory with rapid growth, in the early life stages of Japanese Spanish mackerel in contrast to a co-habiting species, chub mackerel. The 23rd Larval Fish Conference, Duke University, North Carolina, USA, 9 April 1999.

学会発表(口頭,国内学会等)

  • 85. 堀 正和,田中義幸,宮島利宏,小路 淳,吉田吾郎・浜口昌巳.沿岸域の景観多様性と魚類生産力の関係評価.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月30日(要旨のみ).
  • 84. 水野健一郎・上村泰洋・毛利紀恵・福田温史・木下 光,森本 充,小路 淳.藻場の優占種シロメバル稚魚の成長選択的生残〜瀬戸内海と仙台湾の比較〜.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月28日(要旨のみ).
  • 83. 渡邊春隆・三田村啓理・市川光太郎・横田高士・至田佳晃・小路 淳・上村泰洋・森田拓真・木下 光・荒井修亮.バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究2 瀬戸内海生野島沿岸におけるアカメバル成魚のアマモ場利用.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月28日(要旨のみ).
  • 82. 市川光太郎・三田村啓理・渡邊春隆・横田高士・荒井修亮・至田佳晃・新家富雄・小路 淳.バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究3 高精度音響測位システムの開発.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月28日(要旨のみ).
  • 81. 三田村啓理・市川光太郎・至田佳晃・渡邊春隆・横田高士・小路 淳・新家富雄・荒井修亮.バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究4 新技術の開発とアカメバルの移動モニタリング.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月28日(要旨のみ).
  • 80. 上村泰洋・小路 淳.強い成長選択と高い減耗率の一致〜藻場来遊後のシロメバル稚魚における事例〜.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月28日(要旨のみ).
  • 79. 小路 淳・年藤俊一・水野健一郎・福田温史・上村泰洋.地球温暖化が藻場の魚類生産に与える影響の包括的評価:産卵期、分布域、成長変動からのアプローチ.第22回魚類生態研究会,2011年2月11日,長崎県島原共同研修センター,島原市.
  • 78. 小路 淳・福田温史・水野健一郎・上村泰洋,堀 正和,山下 洋,高見秀輝.藻場の魚類生産の広域的解析-8 日本三景付近における生態系サービス比較の試み.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 77. 堀 正和・山田勝雅・島袋寛盛・吉田吾郎・浜口昌巳,小路 淳.藻場の魚類生産の広域的解析-9 アマモ・小型無脊椎動物・魚類の緯度間解析.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 76. 福田温史・水野健一郎・上村泰洋・小路 淳,堀 正和,仲岡雅裕,野田 勉,大竹二雄,森本 充,高見秀輝,山下 洋.藻場の魚類生産の広域的解析-10 魚類群集の広域比較-2010年.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 75. 水野健一郎・上村泰洋・福田温史・小路 淳、堀 正和、森本 充、玉置 仁、山下 洋、梶山 誠、荒木希世.藻場の魚類生産の広域的解析-11 優占種シロメバル仔稚魚の成長の南北比較〜2010年の結果.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 74. 毛利紀恵・年藤俊一・木下 光・水野健一郎・上村泰洋・小路 淳.藻場の魚類生産の広域的解析-12 異なる生態系間でのシロメバル稚魚の成長比較.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 73. 年藤俊一・水野健一郎・上村泰洋・小路 淳,平川浩司.藻場の魚類生産の広域的解析-13 地球温暖化が魚類の初期成長に及ぼしうる間接的影響:産卵期・分布域の変化にともなう日長変化の評価.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 72. 木下 光・上村泰洋・水野健一郎・小路 淳.藻場の魚類生産の広域的解析-14 アマモ場における魚類相の昼夜・季節変化にもとづく稚魚への捕食圧の評価.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 71. 上村泰洋・水野健一郎・木下 光・毛利紀恵・小路 淳.藻場の魚類生産の広域的解析-15 瀬戸内海中央部の藻場におけるシロメバ・拠t魚の成長選択的生残.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 70. 森田拓真・岩本有司・小路 淳.広島湾北部沿岸海域・河口域におけるキチヌ仔稚魚の生息環境〜成長、食性、潜在的捕食者の比較〜.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 69. 仲 美穂・水野健一郎、銭谷 弘、河野悌昌・岸田 達、前原 務、小路 淳.瀬戸内海中央部燧灘におけるサワラ仔魚の食性と初期餌料環境―1980、1990、2000年代の比較.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 68. 千葉裕介・仲 美穂・福田温史・上村泰洋・小路 淳.瀬戸内中央部の藻場に隣接する浅海域における浮遊仔魚の出現.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 67. 水野健一郎・上村泰洋・小路 淳、銭谷 弘、山下 洋、高見秀輝.シロメバル仔稚魚の成長選択的生残:仙台湾と瀬戸内海の比較.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月29日.
  • 66. 木下 光・上村泰洋・水野健一郎・小路 淳.夜間のガラモ場におけるメバル属稚魚のサイズ選択的被食.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月29日.
  • 65. 森田拓真・岩本有司・小路 淳.太田川河口域周辺におけるキチヌ仔稚魚:河口低塩分域への進入と摂餌・成長.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月29日.
  • 64. 渡部 允・奥田 優・小路 淳・海野徹也.広島湾に放流されたスズキ種苗の親子鑑定.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月28日.
  • 63. 上村泰洋、小路 淳.瀬戸内海中央部の藻場におけるシロメバル仔稚魚成長の3年間比較.2009年度水産海洋学会研究発表大会、長崎大学、長崎市,2009年11月19日.
  • 62. 岩本有司・森田拓真・井上慎太郎・小路 淳.太田川河口域における物理・生物環境とスズキ仔稚魚の減耗過程:人工・天然河の比較.2009年度水産海洋学会研究発表大会、長崎大学、長崎市,2009年11月19日.
  • 61. 岩本有司・小路 淳.広島湾太田川河口域の人工・天然河川間におけるスズキ仔稚魚のコホート別減耗率比較.平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月2日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、盛岡市.
  • 60. 森田拓真・岩本有司・上村泰洋・小路 淳・高山 翔・海野徹也.広島湾北部沿岸域と太田川河口域におけるクロダイ・キチヌ仔稚魚出現の種間比較.平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月2日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、盛岡市.
  • 59. 堀 正和・吉田吾郎・浜口昌巳、 小路 淳、山北剛久・渡辺健太郎、仲岡雅裕、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析1 藻場と魚類の空間分布解析.
  • 58. 水野健一郎・小路 淳・上村泰洋、堀 正和、大竹二雄、森本 充、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析2 魚類群集の広域比較.
  • 57. 水野健一郎・上村泰洋、山下 洋、堀 正和・銭谷 弘、高見秀輝、玉置 仁・小路 淳、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析3 優占種シロメバル仔稚魚の成長の南北比較.
  • 56. 上村泰洋・小路 淳、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析4 瀬戸内海中央部のアマモ・ガラモ混生藻場におけるメバル属仔稚魚の成長の年間変動.
  • 55. 年藤俊一・小路 淳、平川浩司、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析5. シロメバル仔稚魚の成長至適水温の探索.
  • 54. 木下 光・上村泰洋・水野健一郎・小路 淳、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析6. 夜間のガラモ場の被食シェルター機能.
  • 53. 毛利紀恵・上村泰洋・水野健一郎・木下 光・年藤俊一・小路 淳、平成21年度日本水産学会秋季大会(2009年10月1日)、岩手県民情報交流センター・アイーナ、藻場の魚類生産の広域的解析7 瀬戸内海中央部のアマモ場における魚類相の季節変化〜アマモ・ガラモ混生藻場との比較〜.
  • 52. 上村泰洋,小路 淳.瀬戸内海中央部のガラモ場におけるメバル属仔稚魚のコホート別減耗率推定.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月30日.
  • 51. 水野健一郎,銭谷 弘,河野悌昌,岸田 達,前原 務,小路 淳・瀬戸内海中央部燧灘におけるニシン目魚類3種仔魚の空間分布.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月29日.
  • 50. 三代和樹,井上慎太郎,岩本有司,森田拓真,笠井亮秀,小路 淳.森と里と海のつながり 28.太田川河口域における魚類生産と餌起源の季節変化〜河川・河口・海域の比較〜.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月28日.
  • 49. 井上慎太郎,三代和樹,岩本有司,森田拓真,小路 淳(広大生物圏・竹原水実)森と里と海のつながり29.太田川河口域における物理環境と仔稚魚群集〜人工河川と天然河川の比較〜.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月28日.
  • 48. 岩本有司,森田拓真,小路 淳.森と里と海のつながり30.広島湾太田川河口域におけるスズキ仔稚魚の出現・成長および生残状況の人工・天然河川間比較.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月28日.
  • 47. 水野健一郎,銭谷 弘,河野悌昌,岸田 達,小路 淳.瀬戸内海中央部燧灘における5,6月のニシン目仔魚の長期変動.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23(23)日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 46. 三代 和樹,岩本 有司・森田 拓真・小路 淳.太田川下流・河口・沿岸海域における魚類生産の季節リズムの空間比較平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23(23)日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 45. 井上慎太郎・三代和樹・岩本有司・森田拓真・小路 淳.太田川水系下流域における魚類群集〜人工河川と天然河川の比較〜.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23(23)日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 44. 上村泰洋・小路 淳.ガラモ場におけるメバル属当歳魚の成育場としての経済的価値の試算.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23(23)日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 43. 岩本有司,森田拓真,小路 淳.広島湾太田川河口域におけるスズキ仔稚魚の出現・成長および生残状況の河川間比較.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23(23)日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 42. 三代和樹,岩本有司,森田拓真,小路 淳.太田川下流・河口・沿岸海域における魚類生産の季節リズムの空間比較.2008年度水産海洋学会研究発表大会,2008年11月11-13(12)日,東京大学,東京.
  • 41. 上村 泰洋,小路 淳,笠井亮秀.藻場の魚類生産にもとづく生態系サービスの定量評価の試み−アマモ場におけるメバル仔稚魚の生産速度と餌起源の推定−.2008年度水産海洋学会研究発表大会,2008年11月11-13(12)日,東京大学,東京.
  • 40.小路 淳,上村泰洋,平井香太郎,堀 正和,吉田吾郎,崎山一孝,浜口昌己.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?ーV夜間のアマモ場は捕食魚にとっての摂餌場にもなる.H20年度日本水産学会春季大会,東海大学海洋学部,清水,2008年3月28日.
  • 39.上村泰洋,小路 淳,堀 正和,吉田吾郎,崎山一孝,浜口昌巳.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?-?ガラモ場におけるメバル仔稚魚生産速度の同一ふ化日コホート間の比較.H20年度日本水産学会春季大会,東海大学海洋学部,清水,2008年3月28日.
  • 38.岩本有司,森田拓真,小路 淳.太田川の汽水域におけるスズキ仔稚魚の出現,摂餌および成長.H20年度日本水産学会春季大会,東海大学海洋学部,清水,2008年3月28日.
  • 37. 塩崎 博・高山 翔・小路 淳・古澤修一・長澤和也・海野徹也.モノクローナル抗体によるクロダイ卵同定と広島湾における卵分布.日本水産学会中国・四国支部大会,広島大学学士会館,東広島市.2007年12月9日.
  • 36. 広島湾沿岸におけるクロダイ稚魚の分布.高山 翔・森田拓真・塩崎 博・小路 淳・斉藤英俊・長澤和也・海野徹也.日本水産学会中国・四国支部大会,広島大学学士会館,東広島市.2007年12月9日.
  • 35. 小路 淳・川口 修・工藤孝也・高辻英之・笠井亮秀・小林洋介.夏期の広島湾におけるミズクラゲ・魚卵稚仔の時空間分布:2006年と2007年の対比.水産海洋学会研究発表大会,クーポール会館,静岡市,2007年11月24日.
  • 34. 上村泰洋・平井香太郎・小路 淳.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?ーII. 瀬戸内海中央部のアマモ場における魚類群集の季節変化.2007年9月28日,北海道大学水産学部,函館市.
  • 33. 平井香太郎・上村泰洋・小路 淳.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?ーIII. ガラモ場と砂浜における魚類密度,生物量の定量比較.2007年9月28日,北海道大学水産学部,函館市.
  • 32. 上村泰洋・小路 淳,堀 正和・崎山一孝・吉田吾郎・浜口昌己.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?ーIV. ガラモ場における仔稚魚の生・Y速度推定の試み.2007年9月28日,北海道大学水産学部,函館市.
  • 31. 吉田吾郎・堀正和・崎山一孝・浜口昌巳・小路 淳.瀬戸内海の各灘における藻場面積と主要魚種漁獲量の量的関係,日本ベントス学会,横浜市立大学金沢八景キャンパス,横浜市,2007年9月22日
  • 30. 堀 正和・吉田吾郎・浜口昌巳・小路 淳.海藻藻場におけるガラモ群落構造と魚類群集との関係解析.日本ベントス学会,横浜市立大学金沢八景キャンパス,横浜市,2007年9月24日
  • 29. 小路 淳・崎山一孝・堀 正和・吉田吾郎・浜口昌己.藻場は稚魚の「ゆりかご」か?メソコズム実験による被食シェルター機能の検証.平成19年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,2007年3月29日.
  • 28. 鈴木啓太・杉本 亮・笠井亮秀・小路 淳・中山耕至・田中 克.春季の筑後川高濁度汽水域における粒状有機物の動態−炭素安定同位体比の応用−.平成19年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,2007年3月30日.
  • 27. 小路 淳・笠井亮秀・川口 修・高辻英之.2005年夏期の広島湾におけるミズクラゲ・魚卵稚仔の水平分布と物理環境の関連.2006年度水産海洋学会研究発表大会.中央水産研究所,2006年11月27日.
  • 26. 塩崎 博・小路 淳・海野徹也・長澤和也.広島湾産クロダイ稚魚におけるMothocya属(等脚目:ウオノエ科)の寄生.平成18年度日本水産学会中国・四国支部大会.リーガロイヤルホテル広島.2006年10月22日.
  • 25. 小路 淳・鈴木啓太・田中 克.連続採集により推定したスズキ仔稚魚同一ふ化日コホート死亡率の季節変化:筑後川におけるカイアシ類春季ブルームの役割.日本水産学会,高知大学,高知,2006年4月1日.
  • 24. 飯野浩太郎・兼松陽太・鈴木啓太・一色寛之・小路 淳・中山耕至・田中 克.有明海筑後川下流域におけるアリアケヒメシラウオ仔稚魚の水平・鉛直分布.日本水産学会,高知大学,高知,2006年4月1日.
  • 23. 兼松陽太・鈴木啓太・小路 淳・中山耕至・田中 克.エツCoilia nasus仔魚の高塩分耐性.日本水産学会,高知大学,高知,2006年4月1日.
  • 22. 小路 淳・田中 克.河口域における魚類の加入変動と資源の安定:筑後川スズキの「密度独立的」加入と加入後の「密度依存的」死亡.水産海洋学会,広島大学,広島,2005年12月3日.
  • 21. 小路 淳・益田玲爾・山下 洋・田中 克.沿岸域の貧酸素化がミズクラゲー仔魚の食物関係に・yぼす影響II―低酸素条件下における非サイズ選択的被食.水産海洋学会,広島大学,広島,2005年12月3日.
  • 20. 小路 淳・太田太郎・日比野 学・中山耕至・田中 克.有明海筑後川河口域におけるスズキ仔稚魚の来遊量,成長および減耗率の経年変動:河川流量との関連.日本水産学会,東京海洋大学,東京,2005年4月1日.
  • 19. 小路 淳・益田玲爾・山下 洋・田中 克.貧酸素化が仔魚と捕食者の食物関係に及ぼす影響〜ミズクラゲと魚食性サワラ稚魚の行動および捕食量の比較〜.日本水産学会,メルパルク岡山,岡山,2004年9月14日.
  • 18. 小路 淳・田中 克.内湾域の貧酸素化がミズクラゲによる仔魚捕食量に及ぼす影響〜飼育条件下における検討〜.日本水産学会,鹿児島大学水産学部,鹿児島,2004年4月3日.
  • 17. 小路 淳・Elizabeth W. North・Edward D. Houde.河川流量が内湾性魚類の初期餌料生物環境,成長および加入に及ぼす影響〜チェサピーク湾のホワイト・パーチを例に〜.日本水産学会,鹿児島大学水産学部,鹿児島,2004年4月3日.
  • 16. 小路 淳・田中克.瀬戸内海中央部におけるサワラ仔魚の水平分布,餌料生物環境,成長および加入:1995年と1996年の比較.2003年度水産海洋学会,フォレスト仙台,2003年12月5日.
  • 15. 小路 淳・田中 克.瀬戸内海中央部における仔稚魚の出現―2.砕波帯において採集された仔稚魚.日本水産学会,近畿大学農学部,奈良,2002年4月3日.
  • 14. 小路 淳・前原 務・武智昭 彦・谷川貴之・村田憲之・田中 克.瀬戸内海中央部における仔稚魚の出現―1.稚魚ネットにより採集された仔稚魚.日本水産学会,近畿大学農学部,奈良2002年4月3日.
  • 13. 青山光宏,小路 淳,村田 修,熊井英水,田中 克.異なった餌料条件下におけるマサバ仔稚魚の発育・成長.日本水産学会春季大会,日本大学生物資源科学部,2001年4月4日.
  • 12. 小路 淳,田中 克.サバ型仔魚における魚食性の特化:サワラの一貫した魚食性とマサバの柔軟な魚食性.日本水産学会春季大会,日本大学生物資源科学部,2001年4月4日.
  • 11. 小路 淳,藤本 宏,岩本明雄,田中 克.サワラ仔魚の摂餌開始期における魚類に対する選択的な捕食と飢餓耐性,日本水産学会秋期大会,福井県立大学,2000年9月29日.
  • 10. 小路 淳,前原 務,藤本 宏,岩本明雄,田中 克.瀬戸内海におけるサワラ仔稚魚の日間摂食量-2〜天然仔魚の連続採集による推定〜,日本水産学会春季大会,東京水産大学,2000年4月2日.
  • 9. 小路 淳,藤本 宏,岩本明雄,田中 克.瀬戸内海におけるサワラ仔稚魚の日間摂食量-1〜飼育実験による推定〜,日本水産学会春季大会,東京水産大学,2000年4月2日.
  • 8. 小路 淳,藤本 宏,前原 務,田中 克.サワラ仔魚のふ化時期と成長および生残-2〜摂餌開始期の給餌条件がその後の成長に与える影響〜,日本水産学会秋季大会,東北大学,1999年9月27日.
  • 7. 小路 淳,前原 務,田中 克.サワラ仔魚のふ化時期と成長および生残,日本水産学会秋季大会,北海道大学,1998年9月25日.
  • 6. 小路 淳,前原 務,田中 克.サワラ仔魚の鉛直分布と摂餌活動の日周変化-II.餌料生物環境の変化との関連,日本水産学会春季大会,東京水産大学,1998年4月2日.
  • 5. 小路 淳,前原 務,田中 克.サワラ仔魚の鉛直分布と摂餌活動の日周変化,日本水産学会秋季大会,広島大学,1997年9月28日.
  • 4. 小路 淳,前原 務,田中 克.瀬戸内海におけるサワラ仔稚魚の日間成長量,日本水産学会春季大会,東京水産大学,1997年4月3日.
  • 3. 小路 淳,岸田 達,前原 務,福田雅明,田中 克.魚食性サワラ仔魚の摂餌生物種組成にみられる年変化,日本水産学会秋季大会,九州大学,1996年10月10日.
  • 2. 小路 淳,福田雅明,田中 克.瀬戸内海におけるサワラ卵・仔稚魚の分布と食性,日本水産学会春季大会,日本大学,1996年4月3日.
  • 1. 木下 泉,與世田兼三,盛岡泰三,小路 淳,田中 克.石川県能登島周辺海域におけるマダラの初期生活史.日本魚類学会,東京水産大学,1994年3月30日.

学会発表(ポスター,国際学会等)

  • 17. Yuji IWAMOTO and Jun SHOJI. Cohort-specific survival of larvae and juveniles of an estuarine-dependent fish, Japanese seabass Lateolabrax japonicus: comparison between artificial and natural habitats. The International Council for the Exploration of the Sea (ICES) Annual Science Conference, Gdansk Music and Congress Centre, Gdan?sk, Poland, 20 September 2011.
  • 16. Yasuhiro KAMIMURA and Jun SHOJI. Cohort-specific mortality and growth-selective survival of juvenile black rockfish Sebastes cheni: does habitat complexity decrease predation? The International Council for the Exploration of the Sea (ICES) Annual Science Conference, Gdansk Music and Congress Centre, Gdansk, Poland, 20 September 2011.
  • 15. Jun SHOJI, Ken-ichiro MIZUNO, Yasuhiro KAMIMURA, Atsushi FUKUTA, Shun-ichi TOSHITO and Hikari KINOSHITA. A north-south comparison of abundance, growth and mortality of juvenile black rockfish Sebastes cheni in seagrass beds around Japan. The International Council for the Exploration of the Sea (ICES) Annual Science Conference, Gdansk Music and Congress Centre, Gdan?sk, Poland, 20 September 2011.
  • 14. Atsushi Sogabe, Hideki Hamaoka, Atsushi Fukuta, Jun Shoji, Koji Omori. Does the paternal uptake of embryonic nutrients lead the sexual difference in the trophic position? Application of stable isotope analysis. The Syngnathid Biology International Symposium, Sven Loven Centre for Marine Research, Kristineberg, Sweden, 26 April 2011.
  • 13. Ken-ichiro MIZUNO, Yasuhiro KAMIMURA and Jun SHOJI. Effect of temperature on growth of black rockfish Sebastes cheni juveniles in seagrass and macroalgae beds. PICES Annual Meeting, Oregon Convention Center, Portland, Oregon, USA. December 28 2010.
  • 12. Takuma MORITA, Yuji IWAMOTO and Jun SHOJI. Significance of estuarine habitat as nursery for yellowfin sea bream Acanthopagrus latus: comparison of feeding, growth and possible predators for larvae and juveniles in two habitats around Ohta River estuary northern Hiroshima Bay, Japan. PICES Annual Meeting, Oregon Convention Center, Portland, Oregon, USA. December 28 2010.
  • 11. Yasuhiro Kamimura and Jun Shoji. Effects of environmental conditions on growth-selective survival of juvenile black rockfish Sebastes cheni in a vegetated habitat in the central Seto Inland Sea, Japan. PICES Annual Meeting, Oregon Convention Center, Portland, Oregon, USA. December 28 2010.
  • 10. Jun SHOJI, Syun-ichi TOSHITO, Ken-ichiro MIZUNO and Yasuhiro KAMIMURA. Possible effects of the global warming on fish early life stages: shift in spawning season and latitudinal distribution can alter growth of juvenile fishes through the changes in daytime length. PICES Annual Meeting, Oregon Convention Center, Portland, Oregon, USA. December 28 2010.
  • 9. Sadaharu IWASAKI and Jun SHOJI. Application of biological survey in shallow waters to summer schools at a seaside laboratory in the Seto Inland Sea, Japan. 5th World Fisheries Congress, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, 20-24 October, 2008.
  • 8. Yasuhiro KAMIMURA and Jun SHOJI. Cohort-specific production of young-of-the-year black rockfish Sebastes inermis in a macro-algae habitat in the Seto Inland Sea, Japan. 5th World Fisheries Congress, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, 20-24 October, 2008.
  • 7. Yuji IWAMOTO, Takuma MORITA and Jun SHOJI. Recruitment and survival of Japanese sea bass larvae and juveniles in the Ohta River estuary, Hiroshima, Japan: a comparison between natural and artificial habitats. 5th World Fisheries Congress, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, 20-24 October, 2008.
  • 6. Jun SHOJI and Chiaki FUJIKI. Evaluation of sea-grass and macro-algae habitats as fish nursery based on fish production, species diversity and function as predation refuge. International Symposium on Integrated Coastal Zone Management, Arendal Culture Hall, Arendal, Norway, June 10-14 2007.
  • 5. Jun SHOJI. Quantitative and qualitative changes in predator-prey relationship between moon jellyfish and fish larvae in summer hypoxia: possible increase in trophic flow to jellyfish in coastal ecosystems. The North Pacific Marine Science Organization Fifteenth Annual Meeting (PICES XV), the Yokohama Red Brick Warehouse, Yokohama, Japan. October 20, 2006.
  • 4. Jun SHOJI and Masaru TANAKA. Factors affecting survival of larval and juvenile Japanese temperate bass around the estuarine turbidity maximum of the upper Ariake Bay, Japan. Estuarine Research Federation 2005 Conference in Norfolk, Marriott Hotel Waterside, Norfolk, Virginia, US, October 17, 2005
  • 3. Jun SHOJI, Taro OHTA and Masaru TANAKA. Fluctuation in abundance, growth and mortality of larval and juvenile Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus from 1990 to 2000 around the estuarine turbidity maximum of the Chikugo River Estuary, upper Ariake Bay, Japan: significance of river flow. The 29th Larval Fish Conference, the University Pompeu Fabra, Barcelona, Spain, 11-14 July 2005.
  • 2. Jun SHOJI, Reiji MASUDA, Yoh YAMASHITA, and Masaru TANAKA. Low oxygen conditions alter trophic flow in plankton community: fish v.s. jellyfish. The 1st International Symposium of Entomological Science COE “Development and Metamorphosis”. Kyodai Kaikan, Kyoto, 2-3 March 2005.
  • 1. Jun SHOJI, Reiji MASUDA, Yoh YAMASHITA, and Masaru TANAKA. Moon jellyfish or juvenile piscivore? A possible change in the relative importance of trophic pathways from fish larvae to their predators caused by hypoxia in the Seto Inland Sea. International Symposium on Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosystems, Ehime, September 27, 2004.

学会発表(ポスター,国内学会等)

  • 26. 仲 美穂・水野健一郎,銭谷 弘,小畑泰弘・河野悌昌・岸田 達・前原 務,小路 淳.瀬戸内海中央部燧灘におけるサワラ資源減退要因の探究〜サワラ仔魚の食性・餌料環境の3年代間(1980,1990,2000)比較〜.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月29日(要旨のみ).
  • 25. 千葉 裕介・仲 美穂・福田 温史・上村 泰洋・小路 淳.瀬戸内海島嶼部の藻場に隣接する浅海域における浮遊仔魚の出現.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月29日(要旨のみ).
  • 24. 福田温史・上村泰洋,堀 正和,小路 淳.アマモ場の魚類群集構造にもとづく地域区分の試み.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月29日(要旨のみ).
  • 23. 年藤俊一・水野健一郎・上村泰洋・毛利紀恵,平川浩司,野田 勉・青野英明,山下 洋,小路 淳.シロメバル仔稚魚の成長に水温が与える影響の南北比較:天然および飼育魚による検討.平成23年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学、東京都,2011年3月29日(要旨のみ).
  • 22. 小路 淳,山本昌幸.浅海域の生物多様性と生産:藻場と砂浜域における魚類群集構造の比較.2010年度日本水産海洋学会研究発表大会.東京海洋大学,東京都,2010年11月20日.
  • 21. 岩崎貞治・上村泰洋・平井香太郎・毛利紀恵・木下 光・小路 淳.浅海域における生物調査のフィールド教育への応用.平成22年度日本水産学会秋季大会、京都大学総合人間学部、京都市,2010年9月24日.
  • 20. 毛利紀恵・上村泰洋・水野健一郎・木下 光・年藤俊一・小路 淳.瀬戸内海中央部のアマモ場における優占魚種の出現と成長.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月29日.
  • 19. 年藤俊一・上村泰洋・水野健一郎・小路 淳、平川浩司.シロメバル仔稚魚の初期成長に水温が及ぼす影響.平成22年度日本水産学会春季大会、日本大学生物資源学部、藤沢市,2010年3月27日.
  • 18. 木下 光・上村泰洋・水野健一郎・小路 淳.藻場のシェルター機能の昼夜比較:夜間における稚魚のサイズ選択的被食.第21回魚類生態研究会.2010年2月6日.宮崎大学農学部,宮崎市.
  • 17. 毛利紀恵・上村泰洋・水野健一郎・木下 光・年藤俊一・小路 淳.瀬戸内海中央部のアマモ場における優占魚種の出現と成長.第21回魚類生態研究会.2010年2月6日.宮崎大学農学部,宮崎市.
  • 16. 小路 淳,上村泰洋,平井香太郎.藻場のナイト・ライフ〜稚魚のゆりかごは捕食者の摂餌場にもなる〜.第20回魚類生態研究会,2009年2月14日,鹿児島大学水産学部,鹿児島市.
  • 15. 水野健一郎,小路 淳・燧灘におけるニシン目3種仔魚の長期変動と競合関係.第20回魚類生態研究会,2009年2月14日,鹿児島大学水産学部,鹿児島市.
  • 14. 上村泰洋,小路 淳,ガラモ場におけるメバル属仔稚魚の減耗率推定.第20回魚類生態研究会,2009年2月14日,鹿児島大学水産学部,鹿児島市.
  • 13. 高山 翔,小路 淳,斉藤英俊,古澤修一,長澤和也,海野徹也.広島湾におけるクロダイの初期生活史に関する研究卵密度と砕波帯の稚魚分布について.平成21年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,東京都,2009年3月28日.
  • 12. 水野健一郎,銭谷 弘,河野悌昌,岸田 達,小路 淳.瀬戸内海中央部燧灘における5,6月のニシン目仔魚の長期変動.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 11. 三代 和樹,岩本 有司・森田 拓真・小路 淳.太田・・コ流・河口・沿岸海域における魚類生産の季節リズムの空間比較平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 10. 井上慎太郎・三代和樹・岩本有司・森田拓真・小路 淳.太田川水系下流域における魚類群集〜人工河川と天然河川の比較〜.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 9. 上村泰洋・小路 淳.ガラモ場におけるメバル属当歳魚の成育場としての経済的価値の試算.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 8. 岩本有司,森田拓真,小路 淳.広島湾太田川河口域におけるスズキ仔稚魚の出現・成長および生残状況の河川間比較.平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会.2008年11月22-23日,広島県立生涯学習センター,広島市.
  • 7. 水野健一郎,銭谷 弘,河野悌昌,岸田 達,小路 淳.瀬戸内海中央部燧灘における5,6月の仔稚魚相の長期変動,とくにニシン目仔魚の組成について.2008年度水産海洋学会研究発表大会,2008年11月11-13日,東京大学,東京.
  • 6. 太田川河口域における魚類の初期生活史―II 広島湾奥部のサーフゾーンにおけるクロダイ属2種の出現.森田拓真・岩本有司・小路 淳.高山 翔・海野徹也,2007年9月27日,北海道大学水産学部,函館市.
  • 5. 岩本有司・森田拓真・小路 淳.太田川河口域における魚類の初期生活史―I 汽水域におけるスズキ仔稚魚の分布と摂餌.平成19年度日本水産学会秋季大会,2007年9月27日,北海道大学水産学部,函館市.
  • 4. 小路 淳.瀬戸内海の貧酸素化はミズクラゲの大量発生をもたらすか?〜実験条件下における捕食行動の解析〜.第13回瀬戸内海研究フォーラム(in 奈良)水・風景・物語の瀬戸内海―古都からのアプローチ―.なら100年会館,奈良市,2005年9月8-9日.
  • 3. 小路 淳,太田太郎,日比野 学,中山耕至,田中 克.有明海筑後川河口域におけるスズキ仔稚魚来遊量の年変動とその要因.海洋生命系のダイナミクス成果報告公開シンポジウム,日本科学未来館,東京都,2004年12月8-9日.
  • 2. 小路 淳,太田太郎,日比野 学,中山耕至,田中 克.河川流量が仔稚魚の来遊・遡上に及ぼす影響:有明海筑後川のスズキを例に.北大―京大―琉大連携水圏フィールド科学シンポジウム.沖縄県本部町産業支援センター,2004年12月4日.
  • 1. 小路 淳,Elizabeth W. North,Edward D. Houde.チェサピーク湾奥部の高濁度水塊におけるホワイトパーチ仔魚の摂餌〜物理環境と餌料生物密度の影響〜.2003年度水産海洋学会,フォレスト仙台,2003年12月5日.

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038