本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

小路研究室
liniru.gif

これまでの研究内容

     CEO      CEO
  • 1)内湾域(瀬・ヒ内海)における魚類幼期個体出現の季節リズム・経年変動(大学院)
  • 2)魚食性に特化したサワラの初期生態・生残戦略・資源加入機構(大学院)
  • 3)陸水流入が河口依存性魚類(スズキ類)の生残・加入変動におよぼす影響:チェサピーク湾(ポスドク)
  • 4)沿岸環境(の悪化:貧酸素化)がクラゲ類による仔魚の被食減耗におよぼす影響(ポスドク)
  • 5)内湾域における魚類の密度依存的調節機構(有明海筑後川におけるスズキ加入の長期変動:ポスドク)

現在・今後の研究テーマ

  • 1)藻場(アマモ場・ガラモ場)の生物多様性,生物生産の定量評価,生態系サービス,広域的解析,地球温暖化の影響.  瀬戸内海,全国(北海道〜沖縄)および海外(ノルウェー,ドイツ,米国,マレーシア,タイ)をフィールドとして,生物群集(魚類が中心)や生産構造を,緯度・気候区・海流システム間で比較しています.
  • 2)河口域・汽水域における環境変動と魚類生産(有明海、太田川、広島湾,チェサピーク湾)
  • 3)内湾域におけるニシン目魚類(マイワシ,コノシロ,カタクチイワシ)の種交代(瀬戸内海,バルト海キール湾)
  • 4)クラゲ類と仔稚魚の関係(食うー食われる関係、貧酸素水塊に着目して)
  • 5)その他「こんな研究してみたい」という持ち込みテーマも歓迎します.

研究室のメンバー  ※学生ブログは、こちらです。

准教授 小路 淳 ( Jun SHOJI , PhD , Associate Professor)
専門 沿岸資源生態学、藻場・干潟・河口、フィールド、魚類、生態、生き残り戦略、沿岸環境 業績等
大学院 M2 寺田 裕司
研究テーマ 広島県におけるシロギスの生息環境における初期生活史に関する研究
大学院 M2 藤田 浩司
研究テーマ 海底湧水が異体類の成長に及ぼす影響に関する研究
大学院 M1 野手 健太郎
研究テーマ 広島県におけるクロダイの初期生活史に関する研究
大学院 M1 吉川 倹太郎
研究テーマ 東日本大震災に伴うアマモ場周辺の魚類相に関する研究
学部生 4年 久保 慶太朗
研究テーマ 
学部生 4年 重本 龍征
研究テーマ 

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038