本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

干潟の生物〜貝類
liniru.gif

1.アカニシ Rapana thomasiana CROSSE

     CEO      

腹足綱 あっきがい科 最大殻高15cm 径12p

浅海の砂泥地に棲息しています。殻の口の内面部分が赤いところが名前の由来となっています。美味です。北海道南部から中国まで分布しています。

     

2.イボニシ Umbonium moniliferum KUSTER

     CEO      

腹足綱 あっきがい科 殻高5cm

潮線内外の岩礁に棲息しています。レイシガイと共に環境汚染による生殖奇形が問題となっています。カキやマツバガイなどの他の貝の殻に酸で穴を開けて捕食します。北海道南部以南、台湾に分布します。

     

3.イボキサゴ Umbonium (Suchium)moniliferum  LAMARCK

     CEO      

腹足綱 にしきうず科 殻長2.5cm

浅い内湾に棲息しています。本種とキサゴは大変似ており、未だに明瞭な説明がなされていません。外敵から襲われた際には、飛び跳ねて逃げます。東北〜九州に生息します。

     

4.ホトトギスガイ Musculus senhousia BENSON

     CEO      

斧足綱 いがい科 殻長2cm

干潟の砂泥に棲んでおり、特に富栄養化の進んだ海に多く生息します。足糸を有し、磯または岩礁に着生し、大発生することもあります。北海道以南に分布します。

     

5.ヒザラガイ Liolophura japonica Lischke

     CEO CEO

ひざらがい綱 くさずりがい科 体長5cm

潮間帯の岩場に張りついています。潮が満ちると岩をはって藻類を食べます。北海道南部より九州南部、韓国に分布します。

     

6.マツバガイ Cellana nigrolineata REEVE

     CEO      

腹足綱 つたのは科 殻長7cm

磯の潮間帯下部から下に生息してます。夜間に盛んに動き、イボニシが天敵です。美味です。房総半島、男鹿半島から九州南部に分布します。

     

参考文献

  • 吉良哲明.1959.原色日本貝類図鑑.増補改訂版.保育社
  • 蒲原稔治.1961.原色日本魚類図鑑.保育社
  • 波部忠重.1961.続原色日本貝類図鑑.保育社
  • 岡田要.1965.新日本動物図鑑〔上〕.北隆館
  • 内海富士夫. 1969.原色日本海岸動物図鑑.保育社
  • 西村三郎.山本虎夫.1974.海辺の生物.保育社
  • 武田正倫.1982.原色甲殻類検索図鑑.北隆館
  • 波部忠重.1983.学研生物図鑑 貝U.学習研究社
  • 岡村収.尼岡邦夫. 1997.日本の海産魚.明光社

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038