本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

干潟の生物〜スジホシムシ類
liniru.gif

1.スジホシムシモドキ Siphonosoma cumanense  Keferstein,1867

     sujihosimusimodoki-image
 採集日:2015年5月18日
 採集地:愛媛県
 採集者:浦田慎
 撮影者:浦田慎

※画像をクリックすると詳細画像が表示されます。

体幹の長さは通常10〜20cmであるが40cmを超えるものもある。不透明な皮膚を通して、体幹と平行に走る18〜25本の縦筋束を見ることが出来る。陥入吻には乳頭状突起があり、陥入物を環状に取り巻く。表皮の色は生息地の基質の状態によって異なり、淡黄白色、黄褐色、灰褐色、灰色などさまざまに変化する。
似た名前を持つスジホシムシ(Sipunculus nudus)は陥入物の乳頭状突起がまばらな環状にならないこと、体幹が縦横に走る筋肉の交差によって基盤目状の皺になることなどで本種と区別できる。
・すみ場所:両種とも潮間帯下部から潮下帯の岩の間に溜まった砂中、砂底などに生息する。
・分布  :両種とも陸奥湾以南

     

参考文献

  • 今原幸光.有山啓之.石田惣.伊藤勝敏.大谷道夫.竹之内孝一.鍋島靖信.波戸岡清峰.花岡皆子.山西良平.2011.写真でわかる磯の生き物図鑑.トンボ出版
  •      

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038