本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

干潟の生物liniru.gifSERVICE&PRODUCTS

広島大学生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学研究教育センター竹原ステーションが位置する瀬戸内海に面した町、広島県竹原市にはすばらしい自然が残っています。ここでは瀬戸内海でも有数な規模の干潟と藻場、閉鎖的な海ならではの穏やかな海、これらの自然について紹介しています。

貝類 カニ類 魚類 スジホシモドキ類
アカニシ
イボニシ
イボキサゴ
ホトトギスガイ
ヒザラガイ
マツバガイ
ハクセンシオマネキ
マメコブシガニ
ヤマトオサガニ
アシハラガニ
ヒライソガニ
イソガニ
ケフサイソガニ
イシガニ
アゴハゼ
アカオビシマハゼ
ギンポ
スジホシムシモドキ
ユムシ類 エビ類 等脚類 多毛類
ユムシ イソデッポウエビ フナムシ ゴカイ
○参考文献
・今原幸光.有山啓之.石田惣.伊藤勝敏.大谷道夫.竹之内孝一.鍋島靖信.波戸岡清峰.花岡皆子.山西良平.2011.写真でわかる磯の生き物図鑑.トンボ出版
・日高敏隆監修 奥谷喬司/武田正倫/今福道夫編集 2002 日本動物大百科<全11巻> 第7巻 無脊椎動物 平凡社
・吉良哲明.1959.原色日本貝類図鑑.増補改訂版.保育社
・蒲原稔治.1961.原色日本魚類図鑑.保育社
・波部忠重.1961.続原色日本貝類図鑑.保育社
・岡田要.1965.新日本動物図鑑〔上〕.北隆館
・内海富士夫. 1969.原色日本海岸動物図鑑.保育社
・西村三郎.山本虎夫.1974.海辺の生物.保育社
・武田正倫.1982.原色甲殻類検索図鑑.北隆館
・波部忠重.1983.学研生物図鑑 貝U.学習研究社
・岡村収.尼岡邦夫. 1997.日本の海産魚.明光社
CEOCEO

干潟は生き物たちだけの重要な場所というわけではありません。われわれ人間達にとってもかけがえのない場所です。人間たちの活動によって、排出された有機物質(栄養塩)が海を汚染(富栄養化)し、赤潮が発生することを抑制する効果が干潟にはあることが分かってきました。つまり、干潟の生物たちが海を浄化してくれているのです。これからの海洋の汚染(富栄養化)を解決していくには、干潟の存在が不可欠であるともいえます。

これまで、われわれ人間たちは、干拓や埋め立てで干潟を開発していきました。干潟が消滅してしまうと、そこに住んだり、利用したりしている生物たちはどうなってしまうのでしょうか?今、日本の各地で干潟が減少しています。それにともない、そこに生息している生物たちも死に絶え、鳥達もやってこなくなりました。ここでは、このような現状である干潟について少しでも理解していただくために、干潟の生物を紹介しています。

貝類

1.アカニシ Rapana thomasiana CROSSE

     CEO      

腹足綱 あっきがい科 最大殻高15cm 径12p

浅海の砂泥地に棲息しています。殻の口の内面部分が赤いところが名前の由来となっています。美味です。北海道南部から中国まで分布しています。

     

2.イボニシ Umbonium moniliferum KUSTER

     CEO      

腹足綱 あっきがい科 殻高5cm

潮線内外の岩礁に棲息しています。レイシガイと共に環境汚染による生殖奇形が問題となっています。カキやマツバガイなどの他の貝の殻に酸で穴を開けて捕食します。北海道南部以南、台湾に分布します。

     

3.イボキサゴ Umbonium (Suchium)moniliferum  LAMARCK

     CEO      

腹足綱 にしきうず科 殻長2.5cm

浅い内湾に棲息しています。本種とキサゴは大変似ており、未だに明瞭な説明がなされていません。外敵から襲われた際には、飛び跳ねて逃げます。東北〜九州に生息します。

     

4.ホトトギスガイ Musculus senhousia BENSON

     CEO      

斧足綱 いがい科 殻長2cm

干潟の砂泥に棲んでおり、特に富栄養化の進んだ海に多く生息します。足糸を有し、磯または岩礁に着生し、大発生することもあります。北海道以南に分布します。

     

5.ヒザラガイ Liolophura japonica Lischke

     CEO CEO

ひざらがい綱 くさずりがい科 体長5cm

潮間帯の岩場に張りついています。潮が満ちると岩をはって藻類を食べます。北海道南部より九州南部、韓国に分布します。

     

6.マツバガイ Cellana nigrolineata REEVE

     CEO      

腹足綱 つたのは科 殻長7cm

磯の潮間帯下部から下に生息してます。夜間に盛んに動き、イボニシが天敵です。美味です。房総半島、男鹿半島から九州南部に分布します。


カニ類

1.ハクセンシオマネキ Uca lactea de Haan

CEOCEO
 (ハクセンシオマネキのオス)          (ハクセンシオマネキのメス)

十脚目 すながに科 甲幅1.5cm

泥を若干含んだ砂地で,底質がやや固い所に生息しています。 オスの純白のはさみを体の横から大きく振り上げて前へおろす動作が、白扇が潮を招いているように見えることから、この名前が付いたようです。伊勢湾以南から九州西北岸、韓国と、シオマネキ属の中でも最も分布は広いのですが、近年絶滅が危惧されてます。


2.マメコブシガニ  Philyra heterograna Ortmann

CEO

十脚目 こぶしがに科 甲幅2c

内湾の干潟に多いカニで、甲羅が丸く盛り上がっています。カニではめずらしく前にも歩くことが出来ます。岩手県以南、韓国、中国北部に分布します。


3.ヤマトオサガニ Macrophthalmus japonicus de Haan

     CEO      

十脚目 すながに科 甲幅4cm

河口近くのやわらかい泥の干潟に集団で生息しています。甲羅はかなり横に長く、ハサミは両方とも太めです。目はとても長く、水面上に目だけを出していることがよくあります。青森県以南、台湾、韓国南部、中国、シンガポールに分布しています。

    

4.アシハラガニ Helice tridens de Haan

     CEO      

十脚目 いわがに科 甲幅3cm

名前が示すように、河口付近のアシ原や河岸に多く棲んでいます。穴を掘って暮らしており、何十匹もの群れでいることが多いです。青森県から九州、韓国中国北部に分布します。

     

5.ヒライソガニ Gaetice depressus de Haan

     CEO      

十脚目 いわがに科 甲幅2.5cm

どこの岩礁海岸でも見られるカニで、岩の隙間や転石の下に見られます。日本で一番多いカニといわれています。北海道南部以南、台湾、韓国、中国北部に分布します。

     

6.イソガニ Hemigrapsus sanguineus de Haan

     CEO      

十脚目 いわがに科 甲幅3cm

内湾または岩石まじりの磯の潮間帯にごく普通にみられるカニです。岩の隙間や転石の下に見られます。北海道以南、韓国、中国、オーストラリアに分布します。

     

7.ケフサイソガニ Hemigrapsus penicillatus de Haan

     CEO      

十脚目 すながに科 甲幅3cm

内湾の砂泥質の磯に多いカニです。他の生物があまりすまないような汚れた干潟でも生息できます。オスは、両方のはさみにやわらかい毛の房があるのが特徴です。メスには、このような毛の房がありません。北海道以南、韓国、中国北部、台湾に分布します。

     

8.イシガニ Charybdis japonica A. Milne Edwards

     CEO

十脚目 わたりがに科 甲幅8cm

岩礁、干潟から水深30mくらいにまですむカニです。磯では低潮帯の大きめの石の下などで見られ、河口や干潟では点在する石の下に穴を掘って暮らしています。殻は固く食べにくいのですが、食用にされ美味と言われています。東京湾以南、韓国、中国、台湾に分布します。


魚類

1.アゴハゼ Chasmichthys dolichognathus

CEO

スズキ目 ハゼ科 最大体長8cm

岩礁の潮溜まりや浅海に多く見られます。潮溜まりなどの閉鎖環境で高温、高塩分や低塩分などに耐え、生命力が強いです。汽水域に進入することもあります。仔魚期は、岸よりのガラモ場などの中層を漂っています。北海道から種子島、朝鮮半島に分布しています。


2.アカオビシマハゼ Tridentiger trigonocephalus

CEO

スズキ目 ハゼ科 最大体長

海水域から内湾や河口の塩分のやや高いところに多く生息していますが、汽水域でみられることもあります。岩礁や湾内の障害物を利用して産卵し、オスが卵を保護します。北海道から九州、朝鮮半島、中国に分布します。


3.ギンポ  Enedrias nebulosus TEIMMINCK & SCHLEGEL

     CEO      

スズキ目 ニシキギンポ科 最大体長30cm

外海から内海のテトラポットや岩礁域、藻場と広く棲息しています。肉食性です。見た目はへびのようですが、意外と美味で天麩羅等にして食されます。北海道から九州まで分布しています。


スジホシモドキ類

1.スジホシムシモドキ Siphonosoma cumanense  Keferstein,1867

     sujihosimusimodoki-image
 採集日:2015年5月18日
 採集地:愛媛県
 採集者:浦田慎
 撮影者:浦田慎

※画像をクリックすると詳細画像が表示されます。

体幹の長さは通常10〜20cmであるが40cmを超えるものもある。不透明な皮膚を通して、体幹と平行に走る18〜25本の縦筋束を見ることが出来る。陥入吻には乳頭状突起があり、陥入物を環状に取り巻く。表皮の色は生息地の基質の状態によって異なり、淡黄白色、黄褐色、灰褐色、灰色などさまざまに変化する。
似た名前を持つスジホシムシ(Sipunculus nudus)は陥入物の乳頭状突起がまばらな環状にならないこと、体幹が縦横に走る筋肉の交差によって基盤目状の皺になることなどで本種と区別できる。
・すみ場所:両種とも潮間帯下部から潮下帯の岩の間に溜まった砂中、砂底などに生息する。
・分布  :両種とも陸奥湾以南

    

ユムシ類

1.ユムシ Urechis unicinctus. 

     umusi-image      

ユムシ目 ユムシ科

 採集日:2015年5月18日
 採集地:愛媛県
 採集者:浦田慎
 撮影者:浦田慎

※画像をクリックすると詳細画像が表示されます。

環太平洋の冷温水域の潮間帯〜浅海に生息。胴体長50cmに達する種があるが、その場合でも吻は1cm程度。       体壁の筋肉は外側から、環筋、縦筋、斜筋の順に並ぶ。腸の最後部は、壁が薄くなって呼吸器官となる。       はっきりした血管系をもたない。

     

エビ類

1.イソデッポウエビ Alpheus lobidens de Haan

     CEO      

十脚目 てっぽうえび科 体調3cm

磯でごく普通に見られる種で、小石まじりの砂底の岩の下などに棲み、山形県以南、相模湾以南の西太平洋、インド洋に分布します。

     

等脚類

1.フナムシ Ligia exotica  Roux

     CEO      

等脚目 ふなむし科 体調4cm

海岸にごく普通に見られるが、完全な陸上性で水中では生活できず、溺れてしまいます。雑食性で腐肉なども食べます。本州以南、中国、インド、北アメリカの太平洋岸と大西洋岸に分布します。

     

多毛類

1.ゴカイ Neanthes diversicolor Muller = Nereis japonica  Iuzka

     CEO      

多毛類 環節数70〜130、体長5〜12cm

本邦各地沿岸の淡水の注入する海岸や河口の底か砂や泥の場所に生息しています。冬の夜間大潮時に生殖のために群泳します。釣り餌としてよく利用されます。世界中に分布します。

     

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038