本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

  磯の生物  
liniru.gif


貝類 棘皮動物 甲殻類 ヒラムシ類
サザエ
オオヘビカイ
ヨメガカサ
イシダタミガイ
バフンウニ
ムラサキウニ
イトマキヒトデ
イワフジツボ
カメノテ
イイジマヒラムシ
○参考文献
・吉良哲明.1959.原色日本貝類図鑑.増補改訂版.保育社
・蒲原稔治.1961.原色日本魚類図鑑.保育社
・波部忠重.1961.続原色日本貝類図鑑.保育社
・岡田要.1965.新日本動物図鑑〔上〕.北隆館
・内海富士夫. 1969.原色日本海岸動物図鑑.保育社
・西村三郎.山本虎夫.1974.海辺の生物.保育社
・武田正倫.1982.原色甲殻類検索図鑑.北隆館
・波部忠重.1983.学研生物図鑑 貝U.学習研究社
・岡村収.尼岡邦夫. 1997.日本の海産魚.明光社

貝類

1.サザエ Batillus cornutu Lightfoot

CEOCEO

腹足綱 リュウテンサザエ科 殻高5〜10cm、径5〜10cm

潮間帯下の水深2〜5mの岩礁に棲息しています。波の荒い海で育ったサザエには殻表にとげがありますが、瀬戸内海などの波の穏やかな海で育ったサザエには、とげはありません。よく食用にされ、美味です。北海道南部以南から九州、韓国、北朝鮮、中国に分布しています。

2.オオヘビカイ  Serpulorbis (Cladopoma) imbricatus Dunker

CEO

腹足綱 ムカデガイ科 螺管12〜15mm

潮間帯の岩礁に棲息しています。変わった餌の獲り方をしており、蜘蛛のように粘液糸を海中に放出して、これに食物を付着させ、手繰り寄せて食べます。本州以南潮線内外に分布します。



3.ヨメガカサCellana toreuma Reeve

     CEO      

腹足綱 ヨメガカサガイ科 殻長4〜6cm

潮間帯中部から下部の岩礁に生息しています。北海道南部以南、日本全国に広く分布しています。

     
    

4.イシダタミガイ  Monodonta labio confusa Tapparone-Canefri

     CEO      

腹足綱 ニシキウズガイ科 殻高2.5cm、径2,2cm

潮間帯に最も普通の巻貝の一つで、干潮時は岩棚の下や転石の下にいます。暗緑色と淡紅色が交互になって石畳のような模様をしています。北海道の南部以南の全国各地に分布しています。


棘皮動物

1.バフンウニ  Hemicentrotus pulcherrimus A.Agassiz

     CEO      

ウニ綱 オオバフンウニ科 殻高4cm、径2cm

浅海の岩石の下などに多く、一般に暗緑色をしています。他の多くのウニが7〜8月を産卵期とするのに対して、本種は3〜4月頃を産卵期としています。“雲丹”の原料として最上のものとされています。北海道南部から九州に分布します。

     

2.ムラサキウニ  Anthocidaris crassispina A.Agassiz

     CEO      

ウニ綱 ナガウニ科 殻高2.5cm、径5cm

浅海の岩礁間に最も普通で、卵巣が食用とされる他、発生生理の研究材料としても利用されています。東京湾から九州、小笠原、台湾、香港などに分布しています。北海道以南、韓国、中国、オーストラリアに分布します。

     

3.イトマキヒトデ  Asterina pectinifera Muller et Troschel

     CEO

ヒトデ綱 イトマキヒトデ科 径6cm

本州沿岸で最も普通の種類です。体はほぼ五角形で、大きな赤色の班が不規則に散布します。北海道から九州、朝鮮にいたる沿岸各地に広く分布しています。

     

甲殻類

1.イワフジツボ Chthamalus challengeri Hoek

     CEO      

アゴアシ綱 イワフジツボ科 径8mm以下

円錐形で高潮線付近の岩礁上に多数群生しています。北海道西南部より本州各地に分布します。

     
2.カメノテ Pollicipes mitella Linnaeus      CEOCEO      

アゴアシ綱 ミョウガガイ科 体長3〜4cm

黄褐色で全体が石灰質殻板で覆われています。主に岩の割れ目や隙間に群生します。本州以南の潮間帯の岩礁に生息しています。

     

ヒラムシ類

1.イイジマヒラムシ  Stylochus ijimai  Yeri et Kaburaki      CEO      

渦虫綱 スチロヒラムシ科 長さ5cm、幅3cm

体は楕円形で、前方に1対の触角があり、表面には灰紫色の斑点が散布します。養殖カキなどを食害することがあります。

     
     

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038