本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

  竹原周辺の海藻相  
liniru.gif

海藻類は,海に生育している大型藻類の総称で,大きく分けて,緑藻類,褐藻類,紅藻類の3つのグループがあります。瀬戸内海で海藻といえば,ワカメ(褐藻類)やノリ(紅藻類)などの養殖がさかんですが,その他にも300から400種ほどの海藻類が生育しています。  海藻類には,明瞭な季節性があり,多くの種は春に繁茂して夏には枯れて流出します。そのため,多くの人が海辺を訪れる夏には,あまり見つからないかもしれません。竹原周辺では1年間で100種以上の海藻類が見られます。


緑藻類褐藻類紅藻類
ヒビミドロ目
アオサ目
シオグサ目
イワズタ目
ミル目
ハネモ目
カサノリ目
シオミドロ目
クロガシラ目
クロガシラ目
アミジグサ目
ナガマツモ目
ウイキョウモ目
カヤモノリ目
ムチモ目
ケヤリモ目
ウルシグサ目
コンブ目
イシゲ目
ヒバマタ目
ウシケノリ目
アクロカエティウム目
サンゴモ目
テングサ目
ベニマダラ目
カギケノリ目
スギノリ目
オゴノリ目
マサゴシバリ目
イギス目
○参考文献
加藤・城内 (2016) 瀬戸内海中西部の広島県竹原市周辺における海藻相と季節的消長. 藻類64(1): 1-9

緑藻類 (緑色植物門緑藻綱(広義))

目以下の分類体系は日本産海藻目録2015年版(吉田ら2015 藻類63:129-189)に基づく"

学名和名
ヒビミドロ目カイミドリ科Monostroma nitidumヒトエグサ
アオサ目モツキヒトエグサ科Blidingia minimaヒメアオノリ
アオサ目アオサ科Ulva compressaヒラアオノリ
アオサ目アオサ科Ulva intestinalisボウアオノリ
アオサ目アオサ科Ulva linzaウスバアオノリ
アオサ目アオサ科Ulva pertusaアナアオサ
アオサ目アオサ科Ulva proliferaスジアオノリ
シオグサ目カイゴロモ科Pseudocladophora conchopheriaカイゴロモ
シオグサ目シオグサ科Cladophora dotyanaミナミシオグサ
シオグサ目シオグサ科Cladophora stimpsoniiキヌシオグサ
イワズタ目イワズタ科Caulerpa okamurae f. okamuraeフサイワズタ
イワズタ目イワズタ科Caulerpa chemnizia (タカツキヅタ)
ミル目ミル科Codium fragileミル
ミル目ミル科Codium contractumサキブトミル
ミル目ミル科Codium lucasiiハイミル
ミル目ミル科Codium subtubulosumクロミル
ハネモ目ハネモ科Bryopsis corticulans ネザシハネモ
ハネモ目ハネモ科Bryopsis plumosaハネモ
ハネモ目ツユノイト科Derbesia marinaホソバツユノイト
カサノリ目カサノリ科Acetabularia caliculusホソエガサ※1
※1 絶滅危惧I類(環境省)

褐藻類 (不等毛植物門褐藻綱)

学名和名
シオミドロ目シオミドロ科Ectocarpus siliculosusシオミドロ
クロガシラ目クロガシラ科Sphacelaria sp.クロガシラ属の1種
アミジグサ目アミジグサ科Dictyopteris latiusculaヤハズグサ
アミジグサ目アミジグサ科Dictyopteris proliferaヘラヤハズ
アミジグサ目アミジグサ科Dictyopteris undulataシワヤハズ
アミジグサ目アミジグサ科Dictyota dichotomaアミジグサ
アミジグサ目アミジグサ科Dictyota linearisイトアミジ
アミジグサ目アミジグサ科Pachydictyon coriaceumサナダグサ
アミジグサ目アミジグサ科Padina arborescensウミウチワ
アミジグサ目アミジグサ科Padina crassaコナウミウチワ
アミジグサ目アミジグサ科Rugulopteryx okamuraeフクリンアミジ
ナガマツモ目ナガマツモ科Tinocladia crassaフトモズク
ナガマツモ目ネバリモ科Leathesia difformisネバリモ
ナガマツモ目シワノカワ科Petrospongium rugosumシワノカワ
ウイキョウモ目ハバモドキ科Punctaria latifoliaハバモドキ
カヤモノリ目カヤモノリ科Colpomenia peregrinaウスカワフクロノリ
カヤモノリ目カヤモノリ科Colpomenia phaeodactylaホソクビワタモ
カヤモノリ目カヤモノリ科Colpomenia sinuosaフクロノリ
カヤモノリ目カヤモノリ科Hydroclathrus clathratusカゴメノリ
カヤモノリ目カヤモノリ科Myelophycus cavusウツロイワヒゲ
カヤモノリ目カヤモノリ科Petalonia fasciaセイヨウハバノリ
カヤモノリ目カヤモノリ科Scytosiphon gracilisウスカヤモ
カヤモノリ目カヤモノリ科Scytosiphon lomentariaカヤモノリ
ムチモ目ムチモ科Cutleria adspersaケベリグサ
ムチモ目ムチモ科Cutleria multifidaヒラムチモ
ケヤリモ目ケヤリモ科Sporochnus radiciformisケヤリ
ウルシグサ目ウルシグサ科Desmarestia viridisケウルシグサ
コンブ目チガイソ科Undaria pinnatifidaワカメ
コンブ目ツルモ科Chorda asiaticaツルモ
コンブ目カジメ科Ecklonia kuromeクロメ
イシゲ目イシゲ科Ishige okamuraeイシゲ
イシゲ目イシゲ科Ishige foliaceaイロロ※2
ヒバマタ目ホンダワラ科Myagropsis myagroidesジョロモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum fulvellumホンダワラ
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum fusiformeヒジキ
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum horneriアカモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum macrocarpumノコギリモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum muticumタマハハキモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum patensヤツマタモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum piluliferumマメタワラ
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum siliquastrumヨレモク
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum thunbergiiウミトラノオ
ヒバマタ目ホンダワラ科Sargassum yendoiエンドウモク
※2 1985年代以降,広島湾奥の宇品島では見られなくなった。原因として防波堤の建設等による海流変化が示唆されている。しかし,県中央・東部沿岸では顕著な群落がみられる。

紅藻類(紅色植物門)

学名和名
ウシケノリ目ウシケノリ科Bangia gloiopeltidicolaフノリノウシゲ
ウシケノリ目ウシケノリ科Pyropia lacerataヤブレアマノリ
ウシケノリ目ウシケノリ科Pyropia suborbiculataマルバアマノリ
アクロカエティウム目アクロカエティウム科Audouinella howeiミルノベニ
サンゴモ目サンゴモ科Amphiroa zonataウスカワカニノテ
サンゴモ目サンゴモ科Amphiroa valonioidesイソハリガネ
サンゴモ目サンゴモ科Corallina piluliferaピリヒバ
サンゴモ目サンゴモ科Jania sp.モサズキ属の1種
サンゴモ目サンゴモ科Lithophyllum okamuraeヒライボ
サンゴモ目サンゴモ科Corallina crassissimaヘリトリカニノテ
テングサ目テングサ科Gelidium divaricatumヒメテングサ
テングサ目テングサ科Gelidium elegansマクサ
テングサ目テングサ科Gelidium crinaleハイテングサ
テングサ目オバクサ科Pterocladiella tenuisオバクサ
ベニマダラ目ベニマダラ科Hildenbrandia rubraベニマダラ
カギケノリ目カギケノリ科Asparagopsis taxiformisカギケノリ
スギノリ目イソモッカ科Caulacanthus ustulatusイソダンツウ
スギノリ目リュウモンソウ科Hyalosiphonia caespitosaイソウメモドキ
スギノリ目フノリ科Gloiopeltis furcataフクロフノリ
スギノリ目スギノリ科Chondracanthus intermediusカイノリ
スギノリ目スギノリ科Chondracanthus chamissoiシキンノリ
スギノリ目スギノリ科Chondrus giganteusオオバツノマタ
スギノリ目イトフノリ科Gloiosiphonia capillarisイトフノリ
スギノリ目ムカデノリ科Grateloupia asiaticaムカデノリ
スギノリ目ムカデノリ科Grateloupia catenataウツロムカデ
スギノリ目ムカデノリ科Grateloupia imbricataサクラノリ
スギノリ目ムカデノリ科Grateloupia lanceolataフダラク
スギノリ目ムカデノリ科Grateloupia turuturuツルツル
スギノリ目ムカデノリ科Polyopes affinisマツノリ
スギノリ目ムカデノリ科Polyopes lancifoliusキョウノヒモ
スギノリ目イバラノリ科Hypnea asiaticaイバラノリ
スギノリ目イバラノリ科Hypnea flexicaulisカズノイバラ
スギノリ目ツカサノリ科Callophyllis japonicaホソバノトサカモドキ
スギノリ目イワノカワ科Peyssonnelia sp.イワノカワ属の1種
スギノリ目オキツノリ科Ahnfeltiopsis flabelliformisオキツノリ
スギノリ目ユカリ科Plocamium cartilagineumホソユカリ
スギノリ目ユカリ科Plocamium telfairiaeユカリ
スギノリ目ベニスナゴ科Schzymenia dubyiベニスナゴ
スギノリ目ミリン科Solieria pacificaミリン
スギノリ目ミリン科Solieria tenuisホソバミリン
オゴノリ目オゴノリ科Gracilaria incurvataミゾオゴノリ
オゴノリ目オゴノリ科Gracilaria parvisporaシラモ
オゴノリ目オゴノリ科Gracilaria textoriiカバノリ
オゴノリ目オゴノリ科Gracilaria vermiculophyllaオゴノリ
オゴノリ目オゴノリ科Gracilariopsis chordaツルシラモ
オゴノリ目ワツナギソウ科Champia parvulaワツナギソウ
マサゴシバリ目フシツナギ科Lomentaria catenataフシツナギ
マサゴシバリ目フシツナギ科Lomentaria hakodatensisコスジフシツナギ
マサゴシバリ目マサゴシバリ科Chrysymenia wrightiiタオヤギソウ
マサゴシバリ目マサゴシバリ科Rhodymenia intricataマサゴシバリ
イギス目カリタムニオン科Callithamnion corymbosumオイワケキヌイトグサ
イギス目イギス科Campylaephora hypnaeoidesエゴノリ
イギス目イギス科Centroceras gasparriniトゲイギス
イギス目イギス科Ceramium kondoiイギス
イギス目イギス科Ceramium tenerrimumケイギス
イギス目イギス科Gayliella flaccidaハイイギス
イギス目ランゲリア科Spongoclonium yagiiクダコギヌ
イギス目イギス科Pterothamnion intermediumヒメヨツバグサ
イギス目ウブゲグサ科Spyridia filamentosaウブゲグサ
イギス目ランゲリア科Wrangelia taneganaランゲリア
イギス目ダジア科Dasya sp.ダジア属の1種
イギス目ダジア科Dasya sessilisエナシダジア
イギス目ダジア科Heterosiphonia pulchraシマダジア
イギス目ダジア科Sinosiphonia elegansハナビイトモ
イギス目コノハノリ科Acrosorium yendoiハイウスバノリ
イギス目コノハノリ科Hypoglossum barbatumヒゲベニハノリ
イギス目コノハノリ科Matensia jejuensisアヤニシキ
イギス目コノハノリ科Sorella repensウスベニ
イギス目フジマツモ科Chondria crassicaulisユナ
イギス目フジマツモ科Chondria dasyphyllaヤナギノリ
イギス目フジマツモ科Chondria tenuissimaホソヤナギノリ
イギス目フジマツモ科Chondrophycus cartilagineusカタソゾ
イギス目フジマツモ科Dasyclonium flaccidumクシノハ
イギス目フジマツモ科Herposiphonia parcaクモノスヒメゴケ
イギス目フジマツモ科Laurencia nipponicaウラソゾ
イギス目フジマツモ科Laurencia okamuraeミツデソゾ
イギス目フジマツモ科Laurencia saitoiマギレソゾ
イギス目フジマツモ科Leveillea jungermannioidesジャバラノリ
イギス目フジマツモ科Neorhodomela munitaイトフジマツ
イギス目フジマツモ科Neosiphonia japonicaキブリイトグサ
イギス目フジマツモ科Polysiphonia senticulosaショウジョウケノリ
イギス目フジマツモ科Symphyocladia marchantioidesコザネモ

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038