本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

大塚研究室
liniru.gif

CEO CEO CEO

海洋動物プランクトン、水族寄生生物を対象として系統分類、進化、生態、水産に関する幅広い研究を行っている。
最近では、
 (1)浮遊性・共生性カイアシ類の形態・分子進化
 (2)大型クラゲ類と共生生物の種間関係
 (3)アジアにおける食用プランクトンの水産業
 (4)海産外来種の生態
 (5)魚類寄生性カイアシ類の生活史
 (6)寄生性カイアシ類の宿主特異性の分子メカニズム
などに関する研究している。

共同研究・受託研究

2007 バラスト水処理装置の研究開発
2000 A DNA sequence data base for calanoid copepods and euphausiids 浮遊性カイアシ類及びオキアミ類のミトコンドリア遺伝子を可能な限り明らかにして系統、進化、分類、動物地理の解析のためのデータベースとする
2000 南西諸島深海域における生物多様性および環境汚染に関する研究
1999 日本学術振興会大型共同研究 東アジアの沿岸域における生物多様性の研究
1999 日本学術振興会拠点大学方式学術交流事業 タイのブラパ大学との海洋動物プランクトンの分類・生態に関する共同研究
1999 海洋動物プランクトンの寄生生物の分類・生態
1998 浮遊性カイアシ類群集の分布域別摂餌戦略
1997 極域における動植物プランクトン群集の経年変化 国立極地研究所
1997 本学術振興会拠点大学方式学術交流事 タイのブラパ大学との海洋動物プランクトンの分類・生態に関する共同研究

研究室のメンバー  ※学生ブログは、こちらです。

教授

大塚 攻 ( Susumu OHTSUKA , PhD , Professor) 
専門 動物プランクトン学、海産無脊椎動物学、水族寄生虫学
博士研究員 近藤 裕介
研究テーマ 大型クラゲを中心とした共生生物の生活史解明
大学院 M2 片岡 聖
研究テーマ 瀬戸内海に棲息するミノウミウシの生態学的研究
大学院 M1 飯田 健
研究テーマ ミズクラゲの変態期における細胞学的研究
大学院 M1 藤 太稀
研究テーマ ウオジラミの吸盤機能のバイオミメティクス的研究とその応用
大学院 M1 米谷 まり
研究テーマ 巻貝上に生息するヒドロ虫の生態学的研究
学部生 4年 平野 勝士
研究テーマ カイアシ類とバクテリアにおける相互関係の解明
学部生 4年 樫本 賢一郎
研究テーマ カブトガニの生態学的研究
学部生 4年 宮川 千裕
研究テーマ フグウオジラミの体表に付着するバクテリアの遺伝学的研究
学部生 3年 村井 太軌
研究テーマ 
学部生 3年 兒玉 倫尚
研究テーマ 

バナースペース

竹原ステーション(水産実験所)

〒725-0024
広島県竹原市港町5−8−1

TEL 0846-24-6780
FAX 0846-23-0038