本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5-8-1

演習に関する学術用語の解説
(プランクトン編)
liniru.gif

竹原ステーションで実施される演習に関する学術用語の解説(他大学・広大の学部生向け)を 「全体編」 「共生編」 「プランクトン編」 「海洋環境編」 「無脊椎動物編」 「有用水産動物編」 「藻類編」 「魚類編」 に纏めました。予習、復習に活用ください。
詳細は、各用語をクリックしてください。表中の図は、クリックで拡大されます。

プランクトン
プランクトン ベントス ネクトン 動物プランクトン 植物プランクトン
ゼラチン質動物プランクトン マイクロプランクトン 一時性プラクトン
終生プランクトン ニューストン 近底層性プランクトン
カイアシ類 枝角類 有鐘繊毛虫 尾虫類 ハウス アミ類
オキアミ類 ヤムシ類 ウミタル類 鉢クラゲ 根口クラゲ
ヒドロクラゲ 立方クラゲ ポリプ エフィラ ストロビラ
ノープリウス幼生 コペポディッド幼体 ベリジャー幼生 トロコフォア幼生
ネクトキータ幼生 ミュラー幼生 アクチノトロカ幼生 キフォナウテス幼生
エキノプルテウス幼生 ドリオラリア幼生 オフィオプルテウス幼生 オタマジャクシ型幼生
ゾエア幼生 メガロパ幼生 キプリス幼生 レプトケファルス幼生
放散虫類 フェオダリア類 有孔虫類 休眠卵
隔口類繊毛虫 珪藻類 渦鞭毛藻類

プランクトン

近底層性プランクトン hyperbentic plankton
水底直上に生息するプランクトン。海洋ではアミ類、カイアシ類などが含まれる。
プランクトン plankton
水中を漂って生活する生物で、遊泳能力は持たないか高くない生物の総称。サイズは関係なく、バクテリアからエチゼンクラゲのような大型種まで含む。

プランクトンのサイズ
ベントス benthos
底生生物のこと。水域に生息する生物のうち底質に埋在するか底上で生活する生物の総称。
ネクトン nekton
水中を遊泳する生物で、魚類やイカ類が含まれる。プランクトンとネクトンの中間的な存在としてオキアミなどはマイクロネクトンと呼称される。
動物プランクトン zooplankton
プランクトンの中で従属性栄養のもの。カイアシ類、アミ類、ヤムシ類などの他、原生生物の繊毛虫類なども含まれる。
植物プランクトン phytoplankton
光合成を行うプランクトンのこと。ただし、光合成を行う一方で摂食を行うものや光合成能を失ったものもある。
ゼラチン質動物プランクトン gelatinous zooplankton
体がゼラチン状の柔らかい動物プランクトンでカイアシ類などの甲殻類プランクトンと対比される。クラゲ類、ヤムシ類、尾虫類の他、サルパ類、ウミタル類なども含まれる。
マイクロプランクトン
サイズが20~200?mのプランクトン。このサイズクラスに含まれるものとして、植物プランクトンではユーグレナ藻類・珪藻類など、動物プランクトンでは有孔虫類・放散虫類などが含まれる。
[参考 プランクトンのサイズ]
一時性プラクトン temporary plankton
生活史の中で「浮遊幼生期」をもつグループ。ベントスが分散のために幼生期を一時性プランクトンとして過ごす。
終生プランクトン holoplankton
生活史の内すべてをプランクトンとして過ごすグループ。カイアシ類、枝角類やワムシ類などがこのグループに属する。
ニューストン neuston
水面上または水面直下に生息する生物。アメンボやカツオノエボシ、魚卵、稚仔魚などの流れ藻やその周辺に生活するものも含められる。
カイアシ類 copepod
甲殻亜門カイアシ亜綱に属する動物の総称。陸水や海洋のプランクトンあるいはベントスとして、また陸上(土壌動物)として、あるいは動植物に寄生する。動物の中で最も広い生活域をもつグループの1つで、自由生活性種は硬骨魚類の稚仔魚やヒゲクジラ類の重要な餌となる。     [参考 節足動物門]

カイアシ類
Lucicutia sp.
Paraeuchaeta sp.
Sapphirina sp.
Pontella sp.
枝角類 cladoceran
甲殻亜門鰓脚綱に属する動物の総称。ミジンコ目ともいう。陸水に種類が多いが、海産種も若干知られる。体長は普通0.5~3mm程度だが、捕食性のロは10 mmにも達する。
有鐘繊毛虫 tintinnid
繊毛虫の仲間で自らが分泌した殻(ロリカ)の中に細胞が収まる。海洋のマクロプランクトンとして重要。
尾虫類 appendicularian
脊索動物門尾虫綱に属する動物プランクトン。自らの分泌物でハウスやフィルターを作り、微小なプランクトンをろ過摂食する。動物プランクトンとしてカイアシ類に次いで重要で、ある種の異体類の稚仔魚の重要な餌となっている。
ホヤのオタマジャクシ型幼生(スケール0.2mm)


オタマボヤ(スケール0.2mm)
ハウス house
尾虫類の分泌物で作られる生息場所兼摂餌器官。ハウスの入水場所が目詰まりすると破棄され、これがウナギ類のレプトケファルス幼生やカイアシ類の重要な餌になっている。特に貧栄養の外洋域では物質循環の要となっている。
アミ類 mysid
甲殻亜門フクロエビ上目に属する動物プランクトン。陸水、汽水、海洋に広く分布する近底層プランクトンであるが、浅い水域に生息するものは顕著な日周鉛直移動をする。また、魚類の重要な餌となっているほか、イサザアミなどは人間の食用となっている。
アミ類(スケール0.2mm)
オキアミ類 krill
甲殻亜門軟甲綱ホンエビ上目オキアミ目に属する動物プランクトン(マイクロネクトン)。大部分の種が外洋の表層~中深層を遊泳して生活する。人間の食用として重要であるが、魚類、海鳥、ヒゲクジラ類など餌料としても重要。
オキアミ類
ヤムシ類 chaetognath
毛顎動物門に属する動物。大部分は動物プランクトンであるが、一部は底生性。胴部に左右に広がるヒレを持ち、矢のように直進しながら遊泳する。カイアシ類などを捕食する。浮遊性種はイカナゴやカタクチイワシなどの沿岸魚類の主要な餌として知られている。
ヤムシ類
ウミタル類 doliolid
脊索動物門タリヤ綱に属するゼラチン質動物プランクトン。体は一般にビール樽状で筋肉を収縮させて水を排出することで移動しろ過摂食を行う。時に大量発生する。
鉢クラゲ scyphomedusa
刺胞動物門鉢虫綱に属するクラゲ。ミズクラゲ、エチゼンクラゲ、アカクラゲ、ビゼンクラゲなどが属する。しばしば大量発生を起こして社会問題(漁網を破損、水力発電所の発電停止)を引き起こす。
  [参考 刺胞動物門関連図]
根口クラゲ rhizostome medusa
鉢虫綱の中で口腕が根元で融合し、細かい口(吸口)が先端部分にある分類群。ビゼンクラゲ、ヒゼンクラゲ、エチゼンクラゲなどの食用種を含む他、サカサクラゲ、タコクラゲなどの鑑賞用種も含まれる。
  [参考 刺胞動物門関連図]
ヒドロクラゲ hydromedusa
刺胞動物門ヒドロ虫綱に属するクラゲ。小型のクラゲが多いが、カツオノエボシのように群体化したり、ハナガサクラゲのように大型化することもある。   [参考 刺胞動物門関連図]
立方クラゲ cubomedusa
刺胞動物門箱虫綱に属するクラゲ。その名の通り箱形の傘を持ち、刺胞動物の中でもアンドンクラゲ・ハブクラゲなどのように毒性が際立って強い種が多い。   [参考 刺胞動物門関連図]
ポリプ polyp
刺胞動物の無性生殖世代のこと。イソギンチャクのように底質に固着し触手を広げて餌動物を捕獲して成長する。様々な無性生殖(出芽・分裂・ポドシスト形成・ストロビレーション)によって個体数を増やす。
ミズクラゲのポリプ
エフィラ ephyra
鉢クラゲの生活史の有性生殖世代の初期の幼生。ポリプから遊離した直後の、親クラゲとは形態が異なる段階。
ミズクラゲのエフィラ
ストロビラ strobila
鉢クラゲ類の無性世代の無性生殖の一段階。皿を何枚か重ねたような形をしており、上から順番に剥がれるようにしてエフィラとなる。
ミズクラゲのストロビラ
ノープリウス幼生 nauplius larva
三対の頭部付属肢(第1触角、第2触角、大顎)を持つ甲殻類の初期幼生。カイアシ類、フジツボ類、オキアミ類、根鰓類で見られる。
フジツボ類のノープリウス幼生
コペポディッド幼体 copepodid
カイアシ類のノープリウス幼生が最終ステージが変態した後の幼体。通常、1期から6期までがあるが、最終ステージは成体。
ベリジャー幼生 veliger larva
軟体動物の浮遊幼生の総称。繊毛の生えた面盤という遊泳、摂食のための構造を持つ。
二枚貝のベリジャー幼生(スケール0.1mm)
巻貝のベリジャー幼生
トロコフォア幼生 ttochophore larva
軟体動物、環形動物に見られる初期幼生で、繊毛によって遊泳、摂餌を行う。
ネクトキータ幼生 nechtochaeta larva
環形動物のトロコフォア幼生が成長した幼生。成体と同じように体節構造や剛毛が見られる。
多毛類のネクトキータ幼生(スケール0.2mm)
ミュラー幼生 Müller's larva
ベントスである扁形動物の浮遊幼生。
ウズムシ類のミュラー幼生(スケール0.2mm)
アクチノトロカ幼生 actinotrocha larva
ベントスである触手(ホウキムシ)動物門の浮遊幼生。
キフォナウテス幼生 cyphonautes larva
ベントスである触手(コケムシ)動物門の浮遊幼生。
エキノプルテウス幼生 echinopluteus larva
ベントスである棘皮動物門(ウニ類)の浮遊幼生。
ドリオラリア幼生 doliolaria larva
ベントスである棘皮動物門(ナマコ類)の浮遊幼生。アウリクラリア幼生、ドリオラリア幼生、ペンタクチュラ幼生と成長・変態して成体に至る。
ナマコのアウイクラリア幼生(スケール0.1mm)
オフィオプルテウス幼生 ophiopluteus larva
ベントスである棘皮動物門(クモヒトデ類)の浮遊幼生。ウニ類のエキノプルテウス幼生に類似するが、骨格の構造などが異なる。
クモヒトデのオフィオプルテウス幼生
オタマジャクシ型幼生 appendicularian larvae
ベントスである脊索動物門ホヤの浮遊幼生。形態がオタマジャクシに似る。摂餌を行わず、着底してホヤ類に変態する。
ホヤのオタマジャクシ型幼生(スケール0.2mm)
オタマボヤ(スケール0.2mm)
ゾエア幼生 zoea larva
甲殻類の浮遊幼生。ノープリウス幼生より発達した段階で、胸肢で遊泳する幼生。以前には十脚類の幼生に限定して使用されていたが、最近では甲殻類全般に用いる。
カニのゾエア幼生(スケール0.2mm)
メガロパ幼生 megalopa larva
甲殻類の浮遊幼生。ゾエア幼生より発達した段階で、腹肢で遊泳する幼生。以前には十脚類の幼生に限定して使用されていたが、最近では甲殻類全般に用いる。
シマイシガニのメガロパ幼生(エタノール固定後)
キプリス幼生 cypris larva
鞘甲類(フジツボ類および近縁の分類群)の浮遊幼生。最終ノープリウス幼生の変態後の幼生で、二枚貝のような背甲を持ち、適当な基盤を化学感覚機器で探索して成体に変態する。寄生性種もこの幼生を持つ。
レプトケファルス幼生 leptocephalus larva
カライワシ上目(ウナギ類など)の魚類のヤナギの葉のような形態を持った幼生で、食性・生活形態は謎に包まれていたが、近年オタマボヤ類の放棄されたハウスなどを食べていることがわかった。
放散虫類 radiolarian
リザリアに属する海洋浮遊性原生生物で、仮足(軸足)、中心嚢(細胞質を膜状構造で内外に分離する)を持ち、二酸化珪酸か硫酸ストロンチムの骨格を持つアメーバ状生物。沿岸域に普通に見られ、中心嚢がないSticholoncheも放散虫類に属する。
放散虫類(スケール0.1mm)
フェオダリア類 phaeodarian
以前は放散虫類として扱われていたが、仮足が中心嚢の3つの孔から生じる点が特徴である。
有孔虫類 foramininiferan
原生生物リザリアに属するアメーバ状生物。主に海洋のプランクトンあるいはベントスとして生活する。炭酸カルシウムを主成分とした殻を持つため、海洋酸性化の影響が大きい。
有孔虫類
休眠卵 resing egg
カイアシ類、枝角類、ワムシ類などは、成体の生存に不適当な時期を受精卵として水底でやり過ごす。貧酸素やベントスの捕食にも耐える。好条件になっても一定期間休眠しないと孵化しないタイプと好条件が整えばすぐに孵化するタイプがある。
隔口類繊毛虫 apostome ciliate
原生生物・繊毛虫類の中で、特に甲殻類に共生する。宿主の脱皮時に残存する体液を摂取する種や捕食寄生性種まで存在する。近年、物質循環の点から注目されている。近年、オキアミ類の大量死を引き起こす種が確認された。
珪藻類 diatom
単細胞性の植物。淡水から海水まで、プランクトンあるいはベントスとして生活し、約2万種が広く分布し一次生産者として大きな役割を果たす。魚類や貝類の養殖業においても初期餌料として重要である。
渦鞭毛藻類 dinoflagellate
2本の鞭毛を持つ単細胞性の植物。繊毛虫類やマラリア類とアルベオラータという分類群に属する。自由生活性種は一次生産者として重要な一方、貝類に濃縮され貝毒の原因となる種や赤潮を起こす種もいる。また、寄生性種も存在し、魚卵、カイアシ類、尾虫類などのプランクトンを宿主とするものも多い。
       

バナースペース