本文へスキップ

TEL. 0846-24-6780

〒725-0024 広島県竹原市港町5−8−1

演習に関する学術用語の解説
(海藻編)
liniru.gif

竹原ステーションで実施される演習に関する学術用語の解説(他大学・広大の学部生向け)を 「全体編」 「共生編」 「病気編」 「プランクトン編」 「海洋環境編」 「無脊椎動物編」 「有用水産動物編」 「海藻編」 「魚類編」 に纏めました。予習、復習に活用ください。
詳細は、各用語をクリックしてください。表中の図は、クリックで拡大されます。

海藻類
藻類 海藻 海草 クロロフィル カロテノイド
フィコビリン 緑色植物門/緑藻植物門 緑藻類
不等毛植物門/オクロ植物門 褐藻類 紅色植物門/紅藻植物門 紅藻類 ラン藻類/シアノバクテリア
世代交代 寒天 カラギーナン アルギン酸 藻場 海中林
アマモ場 ガラモ場 アラメ・カジメ場 磯焼け 流れ藻
○引用文献
・藻類の多様性と系統 千原光男(編集) 裳華房 1999年
・藻類30億年の自然史 第2版 井上勲 東海大学出版会 2007年
・藻類ハンドブック 渡邉信ら編著 NTS 2012年
・改訂 磯焼け対策ガイドライン 水産庁 2015年
・水産海洋ハンドブック 第3版 竹内俊郎ら(編集)生物研究社 2016年
・沿岸海洋研究 46(2) 小松輝久他 2009年

海藻類

藻類 algae
酸素発生型光合成をする生物のうち,コケ,シダ,種子植物を除いた生物で,約10植物門に分類される。このうち肉眼的な世代のある分類群は3植物門に限られ,その他は微細藻類である。
海藻 seaweed
海に生育する藻類のうち,肉眼的な世代をもつ緑藻類,褐藻類,紅藻類の総称。海産の植物プランクトンは「藻類」であるが,「海藻類」ではない。
海草 seagrass
海に生育する種子植物(被子植物)。海藻とは異なり,花が咲き,種子をつくる。海藻と区別するため,「うみくさ」と読むことがある。
海草(うみくさ)
海産種子植物(陸上から海に生育場所を移した高等植物)
 
海藻(かいそう)
海中に生育する緑藻,褐藻,紅藻などの大型藻類の総称
クロロフィル chlorophyll
すべての光合成生物が持つ光合成色素。おおよそ黄緑〜青緑色。
カロテノイド carotenoid
すべての光合成生物がもつ光合成色素。おおよそ黄色。動物の体色とその変化(婚姻色,保護色など)に関与している。動物には生合成能力がないので,餌料として取り込む。
フィコビリン phycobilin
ラン藻類,紅藻類などがもつ。おおよそ赤色と青色。アメフラシが放出する紫色の液・フ色素成分は餌料とする紅藻類由来と考えられる。
緑色植物門/緑藻植物門 Chlorophyta

海藻類、植物プランクトンとしての緑藻類が属する。詳細はこちら(外部サイト:生きもの好きの語る自然誌

緑藻類 green algae
クロロフィルでは,クロロフィルa, クロロフィルbをもつ。緑藻類と同じ祖先をもつ生物から陸上植物(コケ,シダ,種子植物)は進化した。食用としては,ヒトエグサ,アオサ・アオノリ類,クビレズタ(海ぶどう),ミルなどが利用される。
不等毛植物門 Heterokontophyta/オクロ植物門 Ochrophyta

褐藻類や珪藻類が属する。詳細はこちら(外部サイト:生きもの好きの語る自然誌

褐藻類 brown algae
クロロフィルでは,クロロフィルa, クロロフィルc,カロテノイドとしてはフコキサンチンをもつ。フコキサンチンは藻体内で赤色に発色するため,体色が褐色となる。ただし,熱によりフコキサンチンに結合したタンパク質が変性すると赤色を失い,緑色の体色となる。食用としては,ワカメ,コンブ類,ヒジキなどがある。
紅色植物門/紅藻植物門 Rhodophyta

かつては紅藻綱のみが属していたが、近年の研究により数綱に分類されている。詳細はこちら(外部サイト:生きもの好きの語る自然誌

紅藻類 red algae
クロロフィルではクロロフィルaのみをもち,フィコビリンをもつ。食用としては,アマノリ類,テングサ類,ツノマタ類,オゴノリ類がある。アマノリ類は,日本の養殖海藻のうち,最大の生産量があり,おにぎり,寿司などの海苔として加工される。
ラン藻類 blue-green algae/シアノバクテリア cyanobacteria
シアノバクテリアとも呼ばれる真正細菌。植物門としての名称は藍色植物門。地球上で初めて酸素を発生した生物。食用としては淡水産のスイゼンジノリやスピルリナなどがある。
世代交代 alternation of generations
ある種で,有性生殖と無性生殖が交互に繰り返されること。体細胞の核相も変化する。有性生殖では,配偶体(n)が配偶子(n)を作り,接合(受精)する。無性生殖では,胞子体(2n)が,減数分裂して「胞子」(n)をつくる。
寒天 agar
紅藻類のテングサ類,オゴノリ類のもつ多糖類。熱水で抽出される。食用として,トコロテンなどの伝統食材やゼリー状の食材のほか,医薬品,介護食,化粧品などにも使われる。
カラギーナン carrageenan
紅藻類のキリンサイ類、オオキリンサイ類などのもつ多糖類。食用として、ゼリー状の食材の他、医薬品、介護食、化粧品などにも使われる。
アルギン酸 alginic acid
褐藻類のコンブ類などのもつ多糖類。アルギン酸ナトリウム。食用の増粘安定剤の他、繊維等の染色用糊料などにも使われる。
藻場 seagrass bed/seaweed bed
海草のアマモ類,海藻の褐藻ホンダワラ類,アラメ・カジメ類,コンブ類および紅藻テングサ類などから形成される群落。群落のおもな構成種によって,アマモ場,ガラモ場,アラメ・カジメ類などと呼ばれる。いずれも魚介類資源の再生産など生物多様性の維持に重要な役割を果たす。
海中林 seaweed forest
海藻藻場の内、紅藻テングサ類などの小型藻類から形成される群落以外を指す。
アマモ場 zostera bed
アマモ・コアマモ等の海草類が繁茂する海域。海草類は主に砂泥底に生育し、魚類の産卵場や餌場として重要。
アマモ場
ガラモ場 sargassum bed
ホンダワラ類等の褐藻の海藻類が繁茂する海域。温帯域の海藻藻場でよく見られる。海藻類は主に岩礁帯に生育し、魚類の産卵場や餌場として重要。近年の海水温上昇傾向にともなう、生産力の低下や食害の影響による衰退(磯焼けなど)が問題になっている。
ガラモ場
アラメ・カジメ場
温帯性コンブ類のアラメ・カジメ類が繁茂する海域。ガラモ場と同様、温帯域の海藻藻場の主要な構成要素であり、衰退・消失が問題となっている。瀬戸内海中央部ではクロメ(カジメ属)が分布する。
アラメ・カジメ場
磯焼け barren ground/rocky-shore denudation
浅海の岩礁・転石域において海藻の群落(藻場)が、季節的消長や多少の経年変化の範囲を超えて著しく衰退または消失して貧植生状態となる現象。しばしば漁業被害を伴う。古くから無節サンゴモが優先し、高密度のウニが見られることでも知られる。原因は藻食性魚類やウニによる食害、海流・気候の変化、土砂の流入など多岐に渡る。
流れ藻 drifting algae/seaweeds
海面に浮遊している様々な海藻や海草のパッチの総称。日本周辺ではホンダワラ類の海藻が大部分を占め、これらが成熟する春〜夏季に増加する。流れ藻は付着性甲殻類や沖合の魚類の生息場所となっており、特にブリ養殖では流れ藻に随伴する稚魚(モジャコ)を採捕するため、分布が重要視される。
       

バナースペース